スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しき月をう○○!!(notカ・ディンギル)

どうも、まにまに~。

月の明るい時期は、やはり月を撮るのが常道かな、と、最近は月を撮影してることが多いです。
それも、より美しい月を目指して、手持ちの機材をいろいろ駆使しつつ、試行錯誤。
なので、ある意味こうした天文画像も、煩悩の結晶。(笑)

ともあれ、今日紹介するのは、20日撮影の月です。
撮影筒は、アクロマート屈折の90L。
多少高度が低くなった時刻に狙いましたが、焦点距離が長い分鏡筒も長いので、撮影姿勢は非常に窮屈でした。
その撮影姿はまさに不審者! 自宅の庭でなかったら、職質ものでしょうね。<自宅の庭でも十分怪しい。(^^;
ただ、やはり、口径90mm焦点距離1200mmは伊達じゃない?
Fが大きいので、次の画像のように、少々の手抜きや腕の悪さが目立ちません。(苦笑)
 130220_004(C90L_1per80sX4).jpg
<KissX2 C90L CLSフィルター(MWB) ISO200 露出1/80sX4枚 GP固定 DPPでRGB調整したものをPSP7でコンポジット&縮小&トリミング>
CLSフィルターによる色付きを避けてMWBで撮影すると、元画像はかなり赤に寄ってしまいます。(AWBだと青。)
そこで、まずはDPPでRAW画像のRGBを各色毎にいじって、調整をしています。
何となくですが、自然の色に近付ける感じがわかってきました。…まだまだですけど。

しかしそれ以上に、現在画像加工用にしているPCと、このブログ更新をしているPCが別なのがちょっと…。
液晶の明るさや設定の違いからか、もう少し明るく仕上げたつもりだったんだけどなぁという出来に。(-"-
でもまぁ、とりあえず、もうちょい拡大。
130220_002(C90L_1per80sX4).jpg
…う~ん、今のところ自分の腕では、こんなトコでしょうか。

また、ここ最近、より美しい画像を目指して、機材以外にも色々試しているのが、画像処理。
こちらも、腕の悪さが少しでも緩和されないものかと…。(^^;
で、先日のGIMPの次に今回使用してみたソフトが、これも一部では有名なレジスタックス。
以前からPCに入れてはあったのですが、英語表記なので使い方がわからず、また、何より動画しか使えないと思ってたので、これまで使用せず放置したままでした。(宝の持ち腐れ(^^;)
それが、ここ最近の調べ物中に、もしかして静止画でも使えるの?に始まり、そこで改めて使用法を調べ、いくつかの試行と何度もの失敗と再調査の繰り返しで、ようやく何とかそれらしいことができたってところです。
それでは、ドン。
130220_005(C90L_1per80sX4)reg.jpg 130220_003(C90L_1per80sX4).jpg
左がレジスタックスでjpeg4枚をスタックし、ウエブレットをかけて、後で縮小トリミングしたもの。
右は上画像の<>内そのままで、jpeg4枚をレイヤーとして、不透明率50%にしながら重ねたものです。
同じ場所ではないので、一概に比較は出来ませんが、ほんのちょっと左の方が滑らかではっきりしているような気が…そこはかとなく…しないでもないような…そんな感じ。(^^;

これも修行して経験値積むしか無さそうです。
(どちらにしても、画像加工はまず、綺麗な画像を撮ってないと意味無いですけどね。)
ともかく、25日は満月を撮影してますので、それでもいろいろ画像加工を試してみたいと思います。

それではまた、まにまに~。

追伸;ここ数日の購入分も含め、2月期の“漫画”で紹介してないものが、三十冊っぱかし積み上がってます。
    ここまでくると全部紹介はキツイので、かなりはしょるしかなさそうです。
    さて、2月末頃発売のアノ本は紹介されるでしょうか?
    期待しないでお待ち下さい。(^^;
スポンサーサイト
おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。