スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q.E.D. 36巻


今回も数学的に推理が張り巡らされ、面白いです。

ゼノンの“静止する矢”のパラドックスが、高校数学の微分に繋がっているとは…。

数学っていうのは、本来、こういうところで生かされるものなのでしょうね。

ただまぁ、“掃き中り”なる、矢を庭石にはね返らせる技は、いくら精度を上げたとしても厳しいと感じました。

二話目は、これまた悩まされます。

それぞれの人物が語る言葉と、錬金術に連なる謎の詩との関わり。

第三者?として存在しているのは誰なのか。

証されてみれば、なるほどなぁ、なのですが、よくここまで考えてあるものです。

さ、C.M.B.読もうっと。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。