スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金剛番長 12巻


今の時代にどれだけ受け入れられるか心配な面もあった番長漫画もついに完結。

ま、途中からどんどん人でない者たちの荒唐無稽超絶バトルでしたから、素直に番長漫画と言っていいのかという疑問もありますけどね。(笑)

ただ、“筋を通す”という金剛番長の生き方はまさに旧きよき番長のそれ。

今の人はわからないかもしれませんが、かつて“つっぱり”という言葉がありました。
ただ自分の不満を撒き散らし解消するためでなく、弱きを救け、己が信念を貫くために社会に反するしかない生き方をそう呼びました。(広義ではごちゃ混ぜになってましたが。)

そういった面から見ると、金剛番長は当初からこの最終巻に至るまで、筋を通し、つっぱり抜いてきました。

トンでも番長のトンでもバトルはもちろんですが、そうした生き様が一番面白かったように思います。

大幅加筆され、大団円もさらに充実。
うん、面白かった。

しかし、念仏番長がここまで重用されるとは、始めは露とも思いませんでしたよ。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。