スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツマヌダ格闘街 8巻


夏休み一言日記風レビュー

王子様が主催するトーナメント戦が動きだします。

八重樫くんの一回戦の相手は、カポエィラとダンスをミックスした技を使う塚田くん。

武道を極めし者の技は、まるで舞を舞うようであると比喩されることがありますが、その理由が科学的に説明されています。
(関わって、姿勢の美しさも。姿勢ってすごく大切なんですね。)

またジローくんたちの戦いも繰り広げられるのですが、そんなジローくんの活躍をよしとしない人たちが暗躍を始めます。

まるで“笑うせぇるすまん”に“変奇郎”(笑)な出で立ちでいて、強い!

話がどう進んでいくのか、この先が楽しみです。(現在予想されるのは2パタンかな?)

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。