スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴの時間 1巻


原作は15分の大ヒットアニメーションとのことですが、情報に疎く視聴したことがありませんでした。

なので今回はただ、帯にある“人間とアンドロイドの区別をしません”の言葉を読み、これまた難しいテーマを扱ってるけど、どんな描かれ方をしてるのかな?と興味を持ったので購入してみたわけです。

で、読んでみてなのですが、やはり難しいテーマだなぁということ、しかしそれに正面から向き合っていることが伝わってきました。

人間に限りなく近づいたアンドロイドが持つのは“心”なのか。

相手を思いやったり、愛するという感情に似た行動をとったりしても、それは“プログラム”でしかないのか。

喫茶店“イヴの時間”で、主人公はどんな答えを見つけるのか、次巻が楽しみです。

…ただね、こうしたお話にありがちな、人間の弱さや無知から生じる偏見や差別…(今回でいえばドリ系の言葉とか。相手に何かしてもらったらお礼言うことの方が当たり前なんじゃないかとか。)、ありがちとはいえ、だからこそ、読んでいて痛いです。

人間らしさってどんなことなのかを考えさせられますね。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。