スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカ硬派


確か絵が描けなくても漫画が描けるといったソフトのことで、現在時代の寵児となっている田中圭一さんの、ナンセンス系?ちょっと下品な下ネタ溢れるギャグ漫画。
(作者名から、秩父山とかぴーすけの名前がさっと思い浮かぶ方は仲間。(笑))

まぁ、この方に手塚先生や本宮さんの絵柄でギャグ漫画描かせたら、右に出る者はいないでしょう。(笑)

…ってか、以前からよくお許しが出てるモノだと思ってるんですけどね。(苦笑)
今作は『コンティニュー』誌で7年に渡って連載されたもの。
しかし、完成された絵柄やノリで、全くそうとは感じさせません。

アンドロイド工学の権威ながら大ボケの手詰博士と、博士によって作られた硬派な顔のアンドロイドで、かなり悲惨な目に遭っては博士をシバキ倒しているゲルの字が、宇宙船で旅をする目的とは?

理不尽なことと、思いもよらないことが起きて、最後はなるほど、こうつながるのか、な終わり方。

真面目に読んだら損をしそうな(誉め言葉)、SF浪漫でした。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。