スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-HiME 戦EXA


何故今になって『舞-HiME』のコミカライズなんだろう?という気もしましたが、帯に“新訳版”と書かれていたこともあり、気になって購入。

基本はTVシリーズを踏襲していて、視たことのあるシーンが幾つも出てきます。

しかし、そこはそれ、ページ数や構成の制限もあるのか、各キャラの交錯や“大切な者を賭ける”という設定の提示が早い段階から行われ、かなり急ぎ足な印象です。

また、なつきが舞に「大切な人を守りたくば、覚悟を決めろ!」と言いつつ、「…これ以上首を突っ込むな。」と言うなど、かなり強引な展開も見せます。

そんな中、今回の話の中心は、黒曜の君の表の面である黎人くん。

そうかぁ、舞と黎人くんの物語にしたかった訳ね。

もう少し長く連載して、話やキャラの掘り下げが出来た上なら、まぁアリなのでしょうが、この展開であのラストはちょっとなぁ…。

見方としては面白いアプローチだと思いますが、もう一捻り欲しかったところ。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。