スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗像教授異考録 第14集


宗像教授といえば“鉄”ってなもんで、今回も鉄に関わる物語が始まりに。

琵琶湖の底に眠る遺跡と、戦国時代は織田信長による大船を結びつけて話が進む辺り、流石としか言いようがないです。面白い。

2つ目のお話は、天狗伝説。

縄文人が鳥を象った土偶をほとんど作らなかったのは何故か…。
また、日本書紀に書かれた“あまきつね”と称される流星。

それらから突拍子もない仮説?が導かれます。

3つ目のお話は、宗像教授イギリスへ。

ストーンヘンジの巨石を盗み、遺物の返還要求をしているのは一体?

これは残念ながら、次巻に続きます。早く読みたいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。