スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムゾン 1巻

原作が山本さん。背表紙に書かれた設定もかなりキてる。
コレは買うしかないか?と購入してみました。(発売日はちょい前だっけ?)

まず、帯のあおりはどうかと。
曰く【貧乳対吸血鬼】
そんな生やさしいものじゃないですよ、この展開。
正直、この帯を見て購入した人は、“だまされた”感で一杯じゃないかな?
(まぁ、表紙の絵柄や背表紙のあらすじ読んで、そういう考えの人は買わないでしょうが。)
ちなみにここで言われている“貧乳”とは?
一乗寺さん?
いやいや、貧乳と言うほどでは…。
じゃぁ、舞刃ちゃん?
…メインヒロインではないよね?
う~ん、帯のあおりが気になる…。

さておき、やはり初っぱなからシリアスってか、キツイ展開。
世界は黄昏(ヘスペリデス)と呼ばれる吸血鬼亜種が夕暮れ時に徘徊する世界。
それでも取り敢えずは平穏な日常の中にいた史郎くんですが、その生活は作られたものでした。
世界に7匹とされる吸血鬼の救世主とされ、原種に追われる史郎くん。
その原種を狩ろうとする一乗寺さんと、防衛省所属の密種と称される者たち。(一乗寺さんも密種。)

史郎くんが憧れた女の子は亜種だわ、委員長共々仲間は内蔵ぶちまけて惨殺されるわ、ヒロインかと思われた女の子も何も出来ないまま殺されるわ、仲間は亜種になるわ…。
力ある者によって為す術無く日常が壊され、状況に翻弄されていく無力感。

流石山本さん。まだ1巻だというのに怒濤の展開で、テンポ良く完全に世界観を構築されてます。

…ただまぁ、面白いには面白いのですが、普段書き込んでるのとは別の意味で、R15位は付けた方が良さそうな作品です。
耐性の無い方は十分に気をつけられますように。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。