スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星が観られないなら、月を観ればいいじゃないの

120208
どうも、まにまに~。

最近は雲が多く、観望もままなりません。
大雪で困ってみえる方々のことを思えば、こんなのわがままでしかないのでしょうが、それでも何もしないでいるのは何となくストレスがたまるものです。
ここ数日は、仕方なしに、時折機材の状況を確かめたり、機材の組み合わせを考えたりして過ごす毎日でした。
ま、現在は満月期でもあり、月明かりが明るすぎて、どちらにしても『星見』とはいかないんですけどね。

しかし、今日は夕方から雪がちらつきつつも、時折惑星や月がきれいに観られるような状況でしたので、先程ちょっと外をチェックすると…おっ、なんといい天気!

そうだ、星がダメなら、月だ!

そんなわけで、今日はそこまで厳密な追尾も無くていいだろうし、お気楽にいこう、と、とりあえず頑丈な三脚代わりに赤道儀だけ準備し、望遠鏡を載せて、これまで考えていた機材の組み合わせを確かめてみました。

これは…失敗。
これは…失敗…。

なかなかに思い通りの組み合わせは出来ません。
鏡筒に汎用性を持たせようと、撮影に必要な接眼部はBORG製品で組み合わせているのですが、俗に言われる“リング地獄”を感じつつあります。(^^;
とはいえ、何とか組み合わせれば様々な撮影方法が可能になるのですから、組み合わせがバッチリ決まったときの嬉しさやその面白さは“地獄”をも凌駕するものがあるように思います。

で、試行錯誤の末、何とか拡大撮影の組み合わせは成功しました。
400mmの鏡筒にPL25mmを取り付け、BORGのSD1-Xで拡大撮影です。
これはいい。画面内にかなりの大きさで入りますから、金星の太陽面通過の撮影にも使えそうな大きさになったかな?と感じています。
これで一度、太陽撮影も試してみましょう。

ってなわけで、上部の画像は再び薄雲がかかってくるまでに何とか撮影できた内の一枚。
ノーフィルターでISO800の1/400s露出、それをヒストグラムだけちょっといじって25%に縮小、トリミングしただけです。
ピントは…今の所この辺りが精一杯かなぁ。
またいろいろ工夫してみます。

と、いうわけで、今回はここまで。
ではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。