スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック版 はやぶさ 遥かなる帰還



本屋さんで『はやぶささん』の隣に並んでました。
映画のコミカライズということでちょっと悩んだんですが、加藤さん(筋肉番長!)の作画だし…と購入を決定。

日曜日に画像加工しながら読んでました。
映画のコミカライズということもあってか、『はやぶささん』と異なり、こちらはヒューマンドラマもの。

だからというか、正直、尺が足りない気がします。

いくつかの大きめのエピソードをくっつけて構成したために、人物一人一人の掘り下げが描き切れていないように感じたからです。
“はやぶさ”そのものの描かれ方も少ないですし、“ミネルバ”に至っては影も形もありません。
事前に『はやぶささん』を読んで“学んで”いたためか、余計にそういった部分も気になりました。

コミカライズを担当された加藤さんも、構成については悩まれたと思いますが、せめてこの倍尺があれば…と思われたんじゃないでしょうかねぇ。
映画はまだ観にいってはいないんですが、どうなんでしょう?その辺り。

コメントの投稿

非公開コメント

お買い上げいただきありがとうございました。

試写を見せて頂いたのが映画公開のピッタリ4ヶ月前で、とにかくコミック版の製作に使える時間が三ヶ月しかなかったもので、逆に構成も作画も「三ヶ月以内で完成させられるもの」にしなければなりませんでした。
また、期間内に完成させるために映画会社様、関係各所様からの「リテイクができるだけ出ないようにする」必要がありました。
そのために映画会社様から頂いた提案が「映画の中に登場する要素(だけ)を使って構成して」ということでした。
私もミネルバ出したかったのですが。
はっきり「ミネルバのことは描くのやめて」とか言われたわけではありませんが、やっぱりはやぶさのミッションの中でも上手くいかなかった部分ではありますしあんまり描かないでほしいというのが人情…ということではないでしょうか。
どうか映画の方もご覧になって、コミック版と見比べてみて下さい。

Σ(◎口◎)え?ご本人様!?

自分のブログの確認も久しぶりだったもので、返信が遅れ申し訳ありません。
…って、本当に加藤さんご本人様!?
こんな辺鄙なブログにまさか…。(汗々)

本当に好き勝手な感想に、ご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。

しかし、やはり
>映画会社様から頂いた提案が「映画の中に登場する要素(だけ)を使って構成して」
などという縛りがあったんですね。
いろいろ大変な大人の事情と製作期間の中、本当にご苦労されたことと思います。
お疲れ様でした。

まだ時間が取れず、映画を視てはいないのですが、ぜひ映画とこのコミック版を見比べたいと思います。
今回のご来訪及びコメント、本当にありがとうございました。
おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。