スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラの嵐

120219-bar01s
どうも、まにまに~。

昨晩もよいお天気。
ただ、中の人が動かねばならない諸事情、それもかなり長引いた(勘弁してくださいホントに。)ことにより、撮影はやめようかと思ったんですよ。
若干体調も崩してましたし。
でも、本当ならまた観望&撮影しようと、その前の晩に観望した機材をそのまま家の中に入れて乾燥させてましたので、片付けはしなくてはいけません。
で、機材いじってて…やっぱやるかぁ!って気持ちになったわけです。

ま、流石にオートガイドまでしようとすると、ノーパソ用意してガイド鏡セットして設定して…と大仰になって時間もかかってしまいますから、適当セッティングの赤道儀に鏡筒載せて、ノータッチでいくことにしました。
めっちゃ星が流れなければ、目をつむろうっていういい加減さ爆発です。(^^;

取り敢えず30秒の露出をさせながら、バラ探し。
先晩の様に大外しはゴメンです。
この辺りのはず…。
双眼鏡とファインダーを併用しながら、光軸を対象に向けて試すこと数回。
ん、多分ここだな。
ちょっとは早く導入できるようにはなってきました。

2分程度露出をかけても流れは少ないようだったので、インターバルタイマーで2分X8その後3分X4かけ、自分はおこたで体を温めながら今回の撮影は終了。
翌日のお仕事もありますし、早々に撤収し、寝ることにしました。

…が、所用で出かけてた時に変に体を冷やしたためか、結局月曜は一日ダウン。
夕方何とか頭痛は治まり、寝てばかりというのもつらいので画像加工。

で、気づいたことというか、体験談。備忘録的に。

普段はYIMGのマニュアル(説明)通りの加工をしてるので、原則同じ露出のものを“平均合成”(コンポジット)してるわけです。
が、今回2分の“平均合成”ものが2つ出来たので、ふと思い立ってこの2つを“加算合成”してみました。
「100%の重みをかけるとオーバーフローして情報が失われる」といったマニュアルの記述に気づいたのはボタンを押した後だったのですが、これが何と大成功。
3分4枚の“平均合成”よりも鮮やかにバラが出てきたじゃないですか。
それなら…と、3分4枚の100%“加算合成”。
…オーバーフロー…。(-_-)ま、そりゃそうですよね。
では、それぞれに50%の重みをつけて“加算合成”。
オーバーフローはしてません。結構明るいけど、加工したらいけそうか?
…ひどい緑かぶり&暗くてボケボケ。(-_-;
…う~ん、何が良くて何がいけないんだろう?

ともあれ、初めてのバラの時よりは格段にバラらしいものが撮せたのではないかと思います。
確かに星は流れてますが、そこそこ見られますよね?<自分に甘い言い訳。
上部は全体像が見えた方がバラらしいかな?と10%までの縮小。
下はちょっと大きめに…と15%までの縮小にしています。
バラに挟まれ、少しは気品のある文章が…書けてませんねぇ。(^^;

<KissX2改 FS60C AC2 LPS-P2 ノータッチ追尾撮影で総露出28min YIMGとPSP7で加工>

ではまた、まにまに~。
120219-bar01

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。