スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雲代議士剛腕秘書 大和の獅士 2巻


ちょい前に購入したんですが、現実世界で政治の動きが旬ですからレビュー。

ピカレスクな『白竜』の政治家版といった感じのお話。
パターンと言えばパターンなのですが、それだけに胸のすく面白さがあります。

どこかで見たような顔と設定の人物が登場し、かなり裏で汚いやり取りもしつつ、今回“がらがらぽん”で大きく政局が動き、新内閣が発足します。

その新内閣が行った、所信表明演説。
坂本竜馬が示した“船中八策”の名を受け、まさに“維新”たる内容です。
正直、漫画だから言えることでもあり、現実問題厳しいこともありますが、そのポイントは至極最も。
特に、天下りの全廃、税制の改革案は、このならば国民だって文句なく改革を受け入れるのになぁ、と思います。

主人公が担ぐ代議士の国民を第一に考える姿勢は、漫画とはいえ、今の政治家さんに大いに参考にして欲しいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。