スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPと言っても、ガルパンではない

どうも、まにまに~。

GPの一軸追尾で、目標はFS60C8分露出点像!
それを目指し、新しい観望場所で、北極星を導入して極軸合わせ。

まずは、これが先日9日の夜の成果?①です。
130209_001(EF50mm-R2+CLS-6min).jpg
<KissX2 EF50mm-F3.0 CLSフィルター ISO1600 露出180sX2枚+R2フィルター180sX2枚 GP追尾 YIMGでダーク減算、コンポジット、バックグラウンド補正、ガンマ補正など PSP7でR2画像を比較明等で重ね合わせ&縮小&トリミング>
暗っ!!
ヒストグラムとかいじって、もうちょっと明るくすれば良かったかな?
でも、3分×2の露出ならこんなものでしょう。
何より、Fを3.0まで絞っています。
そう、これは、前回の機材実践テストで感じた疑問に、回答を出すための撮影です。
即ち、収差の改善。
では、前回と同じく、45%縮小の左上の状況を見てみると…。
130209_002(EF50mm-R2+CLS-6min).jpg
うんうん、この程度ならまぁ、実用範囲?と言えそうです。
…その分露出を伸ばさないから、暗い画像に陥るわけですね。(^^;

しかし、そうできなかった状況が2つ。
一点目、この時はもう一つ、実験をしていました。
それが画像情報にも書いた、“R2フィルターの利用”です。
ちょくちょく参考にさせていただいているブログの記事を読んでいて気付いたのが、SC64フィルターの利用。
赤い星雲をより赤く写すための方策でした。
うん、これはいい。早速真似がしたい。(^^
いろいろ調べていると、SC64フィルターは、もともとR64フィルターの同等品ということで広まったとのこと。
R…写すと画像が真っ赤に…確か、光害対策フィルターってことで以前手に入れていたような…。(笑)
ありました。
東芝のR2フィルターです。
真っ赤な画像を、その後どう加工していいかわからなかったので、ほったらかしにしていたのでした。(^^;
今回はいろいろ調べたので、加工の方法もわかりました。(つもり)
いざ、チャレンジ!
で、撮影してみて…。
画面が赤いだけで、バーナードなどの赤い部分が写り込むということも全くない状況…。う~ん??
Fを絞り込んだこと、露出時間が短いこと、CLSフィルターとの相性…色々要因はあるでしょうが、もしかしたら、もともとR2フィルターの光学特性が、R64やSC64と異なっているのかもしれません。
(R2フィルターには説明の紙が入っていたのですが、特性曲線や数値の説明はなかったんで。また調べてみないとね。)
何にしても、これらのフィルターの活用については、今後の課題と言うことになりそうです。
で、本題。
このR2フィルターを利用した撮影を試していたために、そちらに時間がかかって通常撮影の露出を伸ばしきれなかったわけです。

二点目、実はこっちが、露出を伸ばせなかった最大の理由。
一枚目の画像、右下に電線が…。(苦笑)
新しい観望場所は、我が家の東端であり、以前利用していたベランダよりもちろん低いわけで…、電線の影響などが早い段階でモロにかかってくるわけです。
これからは一層、撮影時間帯とか考えないとなぁ。(ー"ー

さておき、オリオンは電線にかかってしまいましたが、まだバラはいけます。
同じくGPにFS60Cを載せ替え、撮影をば。
前回導入に手こずりましたので、今回はスムーズに…あれ?あれ??
おかしい、どうして写らないんだろう?確かにこの辺りの筈なのに…。
目分量が良くないのか?ならば、と、星図で確かめ、赤緯赤経目盛を用いて導入。あれ?同じ所だよな?
寒い中、試行錯誤で小一時間。
…試し撮りの露出時間が短すぎました。<バカ。
前回もきっと同じ失敗だったんだろうなぁ。
光害カットのフィルター入れてることを失念し、ノーフィルターの時と同じ確認をしていたようです。
星の位置関係で確実に導入できる力を持っていないことも大きいですが…。
ともあれ、やっと撮影開始。
あ、電線にかかりそう…。(^^;
130209_003(FS60C_32min).jpg
<KissX2改 FS60C LPS-P2 AC2 Tokinaフード着用 ISO1600 露出180s×4枚+420s×2枚 GP追尾 YIMGでダーク減算、コンポジット、バックグラウンド補正、ガンマ補正など PSP7で縮小&トリミング>
それでも、前回よりは露出を稼げたということもあってか、1月27日の画像よりは明るく綺麗に映っている…ような気がします。
(画像加工はほとんど同じ工程を取っています。念のため。)
で、目標に辿り着けたかというと…。
130209_004(FS60C_32min).jpg
この有様。(45%縮小もの)
もう少し極軸の追い込みをしたかったのですが、電線を避けることに意識が向いて、とにかく7分で!を優先した結果です。
え?他の天体に目を向ければよかったんじゃないかですって?
…寒くて。(^^;
(この時点で外に4時間近くいて、午前3時過ぎ。手際のよさも必要ですね。)
何にしても、GPの一軸追尾で8分露出点像は、まだまだ先のことのようです。
修行、実験、頑張ろう。

ではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。