スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小惑星2012 DA14

どうも、まにまに~。

昨晩(今早朝)は、頑張りましたよ。
そう、小惑星2012 DA14の撮影に挑戦です。
熟睡しないように、こた寝(笑)をしながら時間待ち。<それでもよく起きられたものです。翌日が休日で良かった!
明け方4時頃から動き出し、夜空の状況を確認。
観望できそうだ!

でも、いくら動いているとはいえ、双眼鏡で覗いたら点でしかありませんから、どれが小惑星か自分では判断できません。(^^;
撮影をして、その光跡で確認するしか!

そこで、寒い中、いつもの観測場所にポラリエを設置し、最近使っているEF50mmで西天を導入。
(そういう時間帯ですから、敢えて設置撤収が簡易なシステムを選択してみました。)
小惑星が観られるのは低い西の空と言うことで、観測場所だと例の電線の影響が心配でしたから、ベランダの利用も考えました。
(ベランダなら、最悪、機材を放置しておいて、自分はちゃっかりあったまっていることも可能ですし。(^^;)
しかし、ベランダでは、西北西にかけての撮影が出来ませんし、北極星での極軸合わせも出来ません。
ここはやはり…と、迷いながらの決断でした。<すごく大層なこと言ってます。

そして、小惑星2012 DA14の動きは1分間に1度、満月の見かけの大きさを30秒で横切ってしまうということだったので、とにかく狙いを固定して撮り続けるしかないかな?と考え、しし座のデネボラとシェルタンの間で待つことに。
始めは、Fを明るく露出時間を短めに…と考え、F2.0で30秒の設定にしましたが、途中で光跡が長い方が確認するのにいいかも?とFを暗めの3.0(収差対策)にして、1分30秒で連続撮影です。

で、その結果。
 130216_001(EF50mm_03min).jpg
<KissX2 EF50mm-F3.0 CLSフィルター ISO1600 露出90sX2枚 ポラリエ恒星時追尾 左:DPPでコントラストや色の調整をしたものをPSP7でコンポジット&縮小&トリミング 右:YIMGでダーク減算、現像したものをPSP7でコンポジット&縮小&トリミング>

小惑星2012 DA14の撮影に成功!
明るく写っている星がしし座のシェルタン。
その左上の光跡が小惑星2012 DA14(のはず)です。<今ひとつ自信はない。(苦笑)

断続的に薄く雲がかかっていましたし、西方に多い光害のかぶりも心配しましたが、何とか写すことが出来て、なかなかの充実感。
推定サイズ幅45m程度という天体が、地表から27700km(地球の直径およそ2個分)の距離(静止衛星の軌道までの距離(地表から約36000km)より近い)に接近するのは40年に一度程度らしいですから、頑張った甲斐がありました。

しかし、1分30秒露出を2枚重ねて光跡を伸ばしていますが、基本1枚ものですから、画像が粗い…。(^^;

それにしても、焦点距離を長くして写す自信がなかったから用いた広範囲狙いのカメラレンズで、予期しなかったことが!
右側の画像下部。ここにも光跡が写っているんですよ。
一体何だろう?人工衛星?<まだこの辺りの判別の仕方が分かっていない。
だとしたら、なかなかの競演になったかな?と思います。

さて、再びRフィルターの試行にあたってみますか。

ではまた、まにまに~。

追記:そういえば、明け方の5時半頃になると、東の空にもうさそり座が観えていました。季節の移り変わりを感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。