スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ツマヌダ格闘街』13巻・『デビルマンG』2巻 他

2月期第5弾その2。
その1を購入した際に同時に購入した“漫画”なので、少なめ。

『声優かっ!』11巻…覆面声優シロの顔出し解禁。姫ちゃんの運命が大きく変わっていく感じ。
  瑞希先輩はもちろん、周麻先輩とも、LIVEのハプニングを通してつながっていきます。
  「ありがとう。」は、やっぱりいい言葉です。
  で、姫ちゃんにモテ期到来?で、変な先輩に絡まれ、助けに来たのは千里くん。
  いろいろ絡まってますね。(^^;
  (しかしあんな先輩紹介して、メアドも勝手に教えるなんて、いい加減な友だちだなぁ。)
  姫ちゃんは、瑞希先輩とお姫様デートして告白されちゃうし、自分の気持ちに気付いちゃうし、揺れ動きます。
  ただ、お家のことは…。(-"-;
  シロとして最後の仕事に取りかかるも、まだまだハプニングがありそうですし、なかなか目が離せません。

お薦めは一応次の2冊。
『声優かっ!』ももちろん面白いんですが、日常のお話なだけに、インパクトの強さではさすがに次の2作には…ねぇ?

◆『ツマヌダ格闘街』13巻
 毎巻楽しく読んでいるのですが、今回は重い…。
 ドラエさんの真実、橘明道さんの生き様、受け止めるミツルくんの決意。
 何より、そこにある戦争と、その後のシベリア抑留の事実。(漫画ではありますが。)
 “地獄”と表される抑留の事実は、現代の自分たちには本当の意味で知ることはできません。
 しかし、どれだけ年月を経ても、知る努力はしないといけませんね。
 そういう意味でも、今回の本作は意義があると思います。
 武道をする意味、学ぶということの本当の意味においても、考えさせられることの多い今巻でした。
 何より、虎江さんの「ありがとう。」
 …重く、優しく、温かく、自らの心を引き裂かんばかりのドラエさんの心を晴れさせる、やはり素敵な言葉でした。
 そして、次巻、ついに鷹羽くんとの対決です。
 思いを受け継ぎつつ強くなって(人としての範囲内で(笑))いくミツルくんから、目が離せません。
 それにしても、連載中に読んでいたとしたら…、話が話だけに重かっただろうなぁ。
 そこがあってこその深みではあるんですけど。(^^;

◆『デビルマンG』2巻
 原作でもその妖しい魅力で多くのファンを持つ妖鳥シレーヌが、今巻、遂に復活。
 そのために女の子たち7人が溶かされ、肉団子とされて捧げられて…です。それでも“仮の器”。
 悪魔の所行であるところのえろぐろまっしぐらなので、耐性のない方にはお薦めしません。
 高遠さんの絵柄でコミカライズされていますから、そこまでどぎつくはないですけど。
 逆に、高遠さんの絵柄で描かれた、“酉”Tシャツを着た女の子“つばさちゃん”(謎笑)やミキちゃんたちが可愛かったり、えっちぃシーンも多かったりしますから、そういうのがお好きな方はどうぞ。(^^;
 仮の器でもシレーヌは強く、仮の器=使い捨てだからこそできる大技も炸裂。
 「スターダスト・デカダン!!!!」
 原作ではどちらかといえばチョイ役?だったアグウェルが暗躍していたり、あろうことか、アモンに情けをかけたりしてるのがすごい。
 「相手が弱ってるなら、ありがたく勝ちをもらう。」と言っていたアキラくんにとっては、まさに屈辱!
 しかしそれは、これまで行ってきた“殺し、奪う”戦いではなく、“救い、守る”戦いであるからこその悔しさでもあったのです。
 強くなりたいという思いからアモンは新たな力を得、身体の劣化が進んだシレーヌを撃破!
 …しかし、事はそう簡単に終わりません。
 真のシレーヌが復活するのです。
 いやぁ、2巻ですでに盛り上がってます。続きはいつ出るのかなぁ?

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。