スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『TIGER&BUNNY』4巻・『孔明のヨメ。』2巻 他

今日は雨だーー! くそう。

そうなると、着々とこなしていきたい、3月期第2弾。

『ねらわれた学園』2巻…映画版コミカライズということですが、こっちでまともに上映してくれてないので、話としては初見。
  …過去の実写版もかなりのアレンジでいい加減しょんぼりでしたが、このアニメ版もいろいろアレンジしてるんですねぇ。
  正直、分かりづらい話になっているという印象。昔から眉村さんのお話が好きなだけに、う~ん。
  映画を視たらわかるのか、同じなのか…。何にせよ、京極くんのモデルはカオルくん?とは思いました。(^^;

『弱虫ペダル』27巻…遂にアニメ化。次々巻のOAD付限定版は、これを買ったと同時に予約しました!
  ただ、アニメ絵はちょっとのっぺりしてる感じなので、渡辺さんの作品の雰囲気がどれだけ出せるかに期待。(制作とかどこかな?)
  今巻遂に、インターハイ決着。後書きにもありましたが、19巻分のレース…確かに長かった…。(^^;でも、密度も濃かった。
  たった15cmの、最高の高み。今振り返ると、その“高さ”に見合うものが、19巻分の長さの中にあったように思います。
  特に今回は、山岳くんの「簡単じゃない 何だって だから全力でやるんだ!!」の言葉が染みますね。

『ライジン×ライジン』2巻…身体のどこからでもゲルを出せる(^^;異能を身に付けた隆良くんの戦い。
  ゲルであろうが、ゴムであろうが、要は戦い方次第ということでしょうかね。まぁ、嫌われ属性はついて回りますが。(^^;
  今回は、ゴリラさんとカエルさんの2人組のアウトローの退治と、雷神魅神ちゃんとのチーム入りを賭けた勝負。
  能力というものは、その力と共に、悲しさも与えるもの…という王道展開。ゲルとか。(笑)
  魅神ちゃんがちょっとだけ素直になれたのはよかったですが、何か裏で怪しげ(^^;な動きも。さて、あの彼女は一体?

『マケン姫っ!』10巻…最強“乳(にゅう)”(^^;スタッフで、BD同梱版が発売されるそうですよ。熱い展開に…なるのかな?
  「神だの人だの関係ない 女は愛でる 美しい女なら尚更だ」うわ、格好いい。一度は言ってみたいものです。<恥ずか死にしそう。
  大和の時代? ヤマタノオロチにヤマトタケル…やっぱり神代の時代だと思うんですが? 何にしても、語られる姫神先輩の過去。
  しかしこのヤマトタケルは…。怒りを覚えると同時に、…強すぎます。
  「巡れ熱血! 滾れ血潮! ドライブ・デュオ!!」と熱い攻撃を受けたにも関わらず…姫神せんぱーーーい!!

『おまもりひまり』11巻…全5~6巻での完結予定が、アニメ化によって長くなり、それでも元のレールに戻されるとは!すげぇ!
  九尾を倒したはずの緋鞠ちゃんではありますが、そのため込んだ妖力にあてられて…。
  そして、死んだ“はず”のくえすちゃんが背負ってしまった運命…。
  用意していた決戦が使われたということで、果たしてこちらの決戦はどういう形で、そしてどう締めくくられるのか!?
  次巻、完結!

『名探偵 夢水清志郎事件ノート』『ミステリーの館』へ、ようこそ<前編><後編>…いや、今の子に『マタンゴ』の話出しても…。(^^;
  今回は描き下ろし2冊刊行で、引退した大奇術師がつくった、マジックの館ならぬミステリーの館へ6人で行くことに。
  レーチくん、可哀想。(^^;
  しかし、本物のミステリーの館は別に。そこには如何にもな主人がいて、相応のメンバーが集められています。
  透視能力は…ありなのかなぁ?(^^;
  そこに次々届けられる、“幻夢王”なる者からのメッセージ。そして起こる怪事件。で、前編終了。
  メンバーの一人が始める謎解き。そしてそこに、名探偵からのアドバイス。「扨…。」(笑)
  そして、その裏にある更なる真実…。
  ミステリもののレビューは、ここまでが精一杯。ただ一つ言えることは、この話…まだ先がある…?

『ちっこいんちょ』1巻…ポスターに書かれた標語「気をつけて、そこにいいんちょがいる!」…ホラー映画のアオリの様だ。(^^;
  (人体実験をしているらしい)生物部(化学部という説もあり)、17cmという手のひらサイズにちっちゃくなった女の子のお話。
  動じないお母さん、単身赴任で事実を知らされていない(苦笑)お父さん、たくさんの温かい仲間に囲まれて、ほんわかした雰囲気。
  高校の女子部で、女の子の下着の風紀を正そう(^^;としたり、人知れず人のために頑張ったりするいいんちょが健気で可愛いです。
  身体の“一部”が小さいことを気にしてますが、気にするのはそこでいいの?という話も。(^^;

『ほめよめ』1巻…“ほめ”るのが上手なお“よめ”さんのお話…、誉め上手と言うより、単にぽわぽわなお嫁さんでは?(^^;
  ゴスロリ好きで、リボンが無いと元気なくて、ちょっとズレてて、きょぬーで、いつも笑顔で…、そんなかのんさんが可愛い。
  しかし、お風呂が壊れた話では、ちょっぷとか、石鹸カタカタ<可愛い とか、犬神家とか、かのんさん何歳?(^^; な一面も。
  …ただ、結婚一ヶ月で旦那さんを亡くしてるっていう設定はどうなんだろう? 旦那さんの家族は馴染みまくってるけど…。
  そんなんなくても、かのんさんの魅力は伝わったと思うし、話のアクセントとはいえ、可哀想すぎな気がします。

で、今回のお薦めの2冊。

◆『TIGER&BUNNY』4巻
 TVアニメの公式コミックってことできましたが、何だかかなりアレンジ入ってきたかな? という感じ。
 今回、ルナティックの「グローブ」話がありますが、あれ?このシーンだっけ? タイガー、スーツ着てるし。
 で、ヒーローの信用回復キャンペーン話では、あの折り紙サイクロン話なのにエド出てこないし、本人は能力見せまくり。
  サービス5割り増しのバニーは笑えましたが、そこでその能力大々的に見せちゃって、今後大丈夫なのかなぁ?
 あ、頬を赤らめたタイガーは…微妙。(苦笑)
 そして、クリーム(だと思うけど)が動き出した辺りで、ヒーローサイドは…え? 3つの話同時進行!?
 ブルーローズの歌の話、ドラゴンキッドの髪飾りの話、ベビーシッターの話…。まぁ、家族話で押せるとは思いますけど…。
 と、いうわけで、TVアニメの単なるコミカライズではなくなってきて、今後の展開がより楽しみになってきました。
 「俺たちゃヒーローなんだぜ 正義の為に動くんだよ。」
 「ネクストだってわかってしまった今 もう ヒーローになるぐらいしか…。」「お前ら チーム組め。」
 「俺らの力は 人を助ける為にあるんだ。」
 「お前はお前だろーが。」「そりゃ “自分が信じる正しい事”に決まってんだろ。」「自分の正義を信じろ!!」
 熱いノリは、しっかりとありますしね。

◆『孔明のヨメ。』2巻
 …前回ブログの更新が止まった頃、これの1巻を紹介しようとしていたような…。(苦笑)
 史実を基にしたフィクションと言われても、どこからどこまでが史実なのか、素人ではわかりません。
 取り敢えず言えることは、月英さん(孔明さんのお嫁さん)が可愛いということ。(^^;
 1巻でも感じましたが、ちっちゃくて、物作りが好きで、一生懸命。
 漫画調に描かれてはいるのでしょうが、史実として存在する人物だそうなので、かなりの才女(変わった女性)ではあったのでしょう。
 孔明さんは未だ世に出ることなく、農業で人を救おうと研究を深めている時期。
 で、今巻は、そんな孔明さんと月英さんの、新婚数ヶ月といった場面。
 夫婦なんだけど、まだそんなでもなく(何しろ出会って3日で結婚)、少しずつ夫婦になっていく、そんな甘々な日々。
 この作品では、昔の中国の文化とか学べるのも面白いです。
 う~ん、でも、様々な発明品の全てが月英さん作というところはフィクションかな? さすがに。(^^;

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。