スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『食戟のソーマ』1巻・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』185巻 他

さて、4月期購入の漫画、第1弾その1。集○社編。

『DRAGON BALL フルカラー フリーザ編』1~5巻…ちょっと重くて、ちょっと高い。でも、やっぱり買っちゃった。面白いですからねぇ。
  今回は、前回の続きのフリーザ編。ベジータ復活から、メカニカルになったフリーザが、パパと一緒に地球に向かってくるところまで。
  …フリーザ編終わってないし…。まぁ、この後セル編に突入ですから仕方ないですが、「悟飯ちゃん、どこ行くだ!?」でラストでは…。(^^;
  前回は、このフリーザ編の予定がありましたが、今回は無し。ここまで来たら、やっちゃいましょうよ。
  (調子に乗って、他のもフルカラーで出さないだろうな?(友人S氏談)<同意。ワン○ースとか、巻数多いのに、買っちゃいそうで怖い。)
  ちなみに、4・5巻の巻末は、今回の映画に関する原作者インタビューを掲載。そういうところも楽しめます。

『めだかボックス』20巻…既に20巻? そんなに長くやってるという印象無いんだけど。ともあれ、前巻に続き、半袖ちゃん話継続中。
  …え? 今巻、言彦くんの出番無し!? 前巻でかなり強烈だったので、今巻その為の力を手に入れる動きとはいえ、もう少し出るかと。
  展開は、言葉遊び全開。誤変換にバラバラ漢字、童謡使いに嘘八百、全くアニメ化するときどうするんだか。(^^;
  半袖ちゃんの本心が出て、善吉くんと仲直り…はよかったんだけど、言彦くんがこっちに向かっちゃい、次巻は遂に激突? ってところ?

『ToLOVEる ダークネス』7巻…今巻も、いろいろ見えちゃってます。(/// しかし、最近ちょっと絵柄変わりました? 気のせいかな?
  今巻は、メアちゃんが料理で暴走、春菜ちゃん酔っぱらう?、ネズミになって覗き?、キョーコちゃんと裸で密着。あ、ケダモノが2回。(笑)
  番外編で、RUNちゃんポロリ、ティアーユ先生まさぐられる、の2本。酔っぱらって? 迫って来ちゃう春菜ちゃんが、えっち可愛くて素敵。
  そうそう、8巻はアニメDVD付予約限定だそうです。8月19日発売予定。…4ヶ月先…まぁ、半年以上前に予約必要なモノよりはまし?

で、今回のお薦めの2冊。

◆『食戟のソーマ』1巻
 料理漫画も多いので、特徴を出して長く続けるのは難しい点もありますが、出だしの感触がよいので、この先の展開を楽しみたいところ。
 巻末にある連載前の読み切りで、「失敗しないからつまらん。思うんだけど、「正解」ひとつしかしらない奴は、「もっとすごいもの」には、たどり着けない気がする---。」って言っている、そういう部分を大切にしてもらえると嬉しいかな。
 まぁ、料理を食べると、女の子の服が脱げたり、えっちくもだえたりする系なので、そこも見どころ?ではあると思いますが。(^^;
 主人公は、謎?の超料理人である親父さんを超えようと、日夜料理研究を進める創真くん。
 高校進学を機に、親父さんは我が子を千尋の谷、卒業到達率10%以下の超絶エリート料理学校に送り込みます。
 そこで出会うのは、編入試験を受けに来た名家の子息も逃げ出す、十傑評議会の一員、神の舌を持った高飛車お嬢様えりなちゃん。
 彼女も創真くんの料理でえっちくもだえちゃうのですが、悔しいので不合格に。…ズルいですよね。
 でも、彼女の祖父、料理学校の総帥、日本料理界を牛耳る食の魔王(まるで男塾江田島平八塾長のよう(^^;)の舌にかない、えりなちゃんの知らないうちに編入が許可されてます。
 この辺り、良くも悪くも、美味しい料理を作りさえすればよい、という“信念”が感じられます。でも、それは創真くんも同じ?(…秋山醤とか…あ、彼は、料理は勝負か。(笑))
 いやみで意地悪な同級生などを蹴散らしつつ、同級生の可愛い女の子を何気に助け、創真くんの戦いは始まったばかりです。
 描き下ろし番外編は、冒頭に登場の倉瀬さん話。
 創真くんの実験料理につきあわされ、味覚がおかしくなりつつある?(^^;幼なじみさんですが、可愛いですし、また今後の登場が待ち望まれます。 

◆『こちら葛飾区亀有公園前派出所』185巻
 新しく始まった一冊と、最長不倒ともいえる一冊の作品が混在してるんですから、やはり“ジャ○プ”恐るべし?
 そえにしても、毎度毎度、よくこれだけのお話を考えられますね。それだけでも脱帽モノです。…しかし今回の表紙はちょっと…。(^^;
 今巻は、両さんの正夢、麗子さんが特殊メイクして…、京都の桜名所、檸檬の飼い犬雪丸、はしご酒で東京巡り、犬泣きメカ泣き、短波ラジオ話、東京スカイツリー開業、宇宙エレベーターに挑戦の9本。
 時代の変遷、愛すべき町やモノ、そういうものが、今回もふんだんに取り上げられています。
 恋話?的にちょっといいお話だったのが、麗子さんの特殊メイク話。人を外見で判断しない、両さんのいいところが出ています。
 「男は度胸、女は愛嬌。」やっぱり、心からの笑顔が素敵な女性には、両さん始め誰しも弱いですよね。
 メカ泣きの話、“はやぶさ”は同感。以前紹介した、“はやぶささん”のように擬人化されると、そりゃもう…。(TへT
 そういえば、“meたん”の“ありがとう”も、号泣モノでした。
 また、個人的にウンチク話が好きなので、短波ラジオ話や宇宙エレベーター話も面白かったです。
 宇宙エレベーター、早く実用化されないですかね。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。