スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦艦ヤマト2199 #2

赤錆びた旧時代の遺物…しかし、それは“生きて”いました。
ここでも多くの犠牲が出てしまいますが、敵母艦を一撃で粉砕!

そして出てくるシュルツくんたちの影…。彼等にも今後、ドラマが描かれています。<BDで視てびっくり。
これは結構、乞うご期待。

しかし、今回もOPありませんでしたね。

で、出雲計画から大和計画への変更と発表。

今作では、1年前にイスカンダルから技術供与を受け、今回サーシャによってもたらされたのは、波動エンジンの“コア”とのこと。
確かに旧作では、あの短時間で波動エンジンを完成させたことになりますが、真田さんならそれもアリかと…。(笑)
さておき、ここでスターシャさん初登場。名台詞、「私はイスカンダルのスターシャ…。」が聞けます。
しかし、ここで同時にスターシャさんは、旧作にはなかった発言もしています。
そう、1年前に地球に技術を伝えたという、“ユリーシャ”の存在。
これ、今回かなり重要な要素になっている気がします。この後も、いろいろな場面で意味深な行動や機械が出てきますしね。

そして、沖田艦長の話の後、土方さんと沖田さんの話。これは、漢と漢の話ですね。渋いっ渋すぎるっ!
もう何も言わん。
地球を頼んだぞ。
くぅ~。(><

そして、冥王星基地から発射され、襲い来る惑星感弾道弾。昔は超巨大ミサイルでしたっけ?
また、冥王星は準惑星となりましたが、やはり“冥王星基地”と聞くと、心躍るモノがあります。
不定形生命体いるのかなぁ…とかね。(^^;
今でも、心の中では第9番惑星のままです。

しかしまぁ、速い速い。冥王星から地球まで、一体何時間で巡航攻撃できるんだか。

そんな中、ヤマト乗員が次々と集まります。
家族に送られる者、送ってもらう家族の居ない者…。
おっ!太助くん!!

そして、出ました! この斜めの第三艦橋! まさにこれから乗艦! って感じです。
しかし、ここでも、自動航法システム的なモノが顔を出しました。CM前に真田さんが眺めつつ、封ぜられたこれは…。はてさて?

この後古代くんと雪ちゃんのやり取りがあるわけですが、あそこで拗ねてた雪ちゃん、可愛かったですよね。
撮せなかったのは、至極残念。
そういえば、あの時雪ちゃんが眺めていたモノも謎です。

アナライザーも登場して、これで本当に第1艦橋クルー勢揃いといった感じ。

そして、やはりこれです。ヤマト発進!
旧作も格好良かったですが、今作も同等に格好いい!
(個人的には、島くんの動揺するシーン+艦長の一喝や、“もっと”外装や土が剥がれつつ飛び上がるシーンも視たかった気も…。)

偽装しなくても地下で造れば? とか、この場合抜錨必要?(^^;とか、波動防壁って何? 真田さん!!(^^;とか、この際、そういうのはいいんです。
<言っていたのは自分ですが。(^^;

ともかく、格好いいんです。
わかんない人はわかんなくてもいいです。
この勇姿!
やっぱり格好いいよなぁ。

こうして、ヤマトが、夢と希望を載せて旅立ちました。
この先、ヤマト自身にも地球にも、問題は山積みですが、続きを楽しみに視ていきたいと思います。

で、今回のEDは…う~ん、やっぱり“真っ赤なスカーフ”のイメージが強いので、まだ何とも…といったところでしょうか。
とりあえず、今回の雪ちゃん分はここで補完ということで。(^^;


さぁ、次は木星圏。そう、ワープと波動砲。
幼い頃、幼いながらにドキドキした“あの”シーン(/// と、幼いながらに燃えた“あの”シーンです!
これは見逃せません!!
カメラの用意も万端にしなければ!<バカ

人類滅亡まで、あと364日!

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。