スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『我妻さんは俺のヨメ』5巻・『七つの大罪』2巻 他

4月期第4弾。かなり積み上がってますんで、できるだけ簡単にいきます。

『やじきた学園道中記Ⅱ』6巻…津軽編完結。しかし、今回の黒幕の一人はまんまと逃走しているので、彼絡みで、まだ何か起きそうな…。
  津軽弁での表現は叙情的で面白かったのですが、やはり読みづらいところもありました。舞台の関係で、みんな津軽弁だったから?
  (過去に“りぼん”で本田さんが岐阜弁漫画を描かれた時も、確か訳がついていましたよね。…日本語で訳付き…。でも必要かな?)
  昔ながらの番長連合に、世直し物語。個人的に好きなジャンルですので、この続きもお願いしたいところです。楽しみにしてます。

『ちょっと盛りました。』1巻…『もうしま』の後継漫画。宿敵森川さんに負けて、改題&ちょっと方針転換? (もしくはテコ入れ?)
  個人的に『もうしま』のノリが好きだったので、この『ちょい盛り』を読んでいて、そのちょっとのノリの違いが気になりました。
  でも、後半になると、もとのノリに近くなっていくので、一安心。改題だけして内容変わらず。勝負に負けても勝ちを取るってことで。
  今回は各漫画家さんに加え、GACKTさんや松岡さん、志村けんさんにインタビュー。また、トランポリンは一度やってみたくなりました。

『修羅の門 第弐門』9巻…遂に飛田さん、リングに還る。ま、今回は飛田さんメインですね。(九十九くんの試合は始まったばかりだし。)
  膝を痛めて引退した飛田さんが、因縁の相手を前に、再びリングに。お互いに本気だからこそ、膝を狙い、また、それをはねのけます。
  何と、そこに、フランククラウザーが現れるし、その後もテディビンセントも登場し、楽しい楽しい。
  あとがきで川原さんが書かれていますが、前作とはいえ、人との関わりの中物語は紡がれていくのですから、こういうのもアリですよ。

『ボールルームへようこそ』4巻…“天平杯”準決勝、決勝、そして多々良くんたちと賀寿くんたちとの勝負にも決着。いやぁ、熱い!
  3巻ラストで“額縁”になりきると決めて、真子ちゃんを“花”として際だたせた多々良くんのダンスが、どんな結末に繋がるかって場面。
  ダンスなんて動きの激しいものを、漫画という表現で表すのも難しいと思うのに、その熱気まで伝わるような描かれ方はすごい。
  読んでいると、自分も何だかダンスをしてみたくなります。いや、もちろん本格的には無理ですが、そんな魅力を感じさせてくれます。

『ましろのおと』8巻…物語は好きですが、三味線の音楽そのものに今はそこまで興味がないので、限定版は購入していません。
  …そういえば、これも津軽弁。でもすごく読みやすく感じるのは、周囲の言葉や、思いの表記が標準語だからでしょうかね?
  ともあれ、こちらは“松吾郎杯”結果発表。田沼くんの演奏が終わり、満場の喝采。雪くんの演奏も素晴らしかったけど、“質”が違う。
  「もっと上手くなりたい。」その思いに突き動かされ、雪くんは進み出します。ただ、前田さんとかどうなっちゃうのか、そこも気になる…。

『アゲイン!!』8巻…『ちょい盛り』によると、作者の久保さんは、現在絶賛“女”売り出し中だそうで。一体どんな心境の変化なのでしょう?
  物語は、演劇部の花高さんを如何にプロデュースしていくか、ってところでヒロくんが手を出し、金ちゃん作“しにミュ”に入る辺りまで。
  TAKAの“傷つきやすいズボラ”な状態は、正直本当にイライラします。流されてるだけだし。で、金ちゃんの言葉がしっくりきます。
  「そんなつまんない人生劇一回やってもう飽きた」“アゲイン”しているからこその台詞かもですが、自分も自分を主人公にしたいです。

で、今回のお薦めの2冊。
…よく考えたら、この2冊の作者さんも、『ちょい盛り』で紹介されてましたっけ。<宣伝?

◆『我妻さんは俺のヨメ』5巻
 今回も面白い。物語は、創作ダンス話、土橋くん仲間に、久々に?TS話、妹萌え調査、修学旅行の前振り~文化祭バンド話突入まで。
 一番ハマったのは、妹萌え調査話かな? 冒頭からミスター抜きゲーVS泣きゲーのドンとの対立で、エロゲーの2大主流の説明…。
 既に倫理に反してます。(^^;
 コマ外に、“高校生がアダルトゲームをやるのは、リアルではダメ、絶対!”と書かれていますが、現実こんなものなのでしょうねぇ。
 で、そこから、妹萌えの話に入ります。
 そこで、妹萌えの真実を探るため、リットンDX調査団が青島家に入ることになるのです。…って、リットン調査団かよ! って感じです。(笑)
 帰国に応じなかったり、伊東卿が妹萌えを語ったり、孫悟空の金の輪をニンジャタートルに装着即退場<バカだ(誉め言葉)だったり。
 また、青島くんの妹ちゃんの作ったサラダを食べて、伊東卿が京極さん化してるとか、そういう小ネタを見つけるのも面白い。
 他には、クラス内ヒエラルキーとか、行事の打ち上げに呼ばれないとか、全く身につまされるような状況が描かれています。(苦笑)
 でも、そうした状況にめげずに頑張るDX団を、個人的には応援しています。(^^;
 え? 青島くんと我妻さんの恋愛話を応援しないのか? 展開としてはすごく気になるんですが、将来的には裏切り者ですから。(笑)

◆『七つの大罪』2巻
 今回のおまけポストカードはエリザベスちゃん…なのですが、ラフ絵っぽいもので、ちょっと残念。もっと綺麗で可愛いのがよかったなぁ。
 お話は、メリオダスが聖騎士ギルサンダーと戦い、<七つの大罪>のうち2人の消息を知るところから、バン登場、対“不気味な牙”戦。
 杭で手足を貫かれ、壁に固定され、口さえも開けられない状況だったバンが、おもむろに牢を出て来て、聖騎士見習いの剣で散髪。
 傷を受けても平気だし、みるみるふさがっていくし、…週刊連載でも追っているのでわかっちゃあいますが、どうなってんの? な展開。
 イケメンだし、悪そうな雰囲気だし、女の子に意地悪しちゃいそうで実は優しいところもあるようなので、今後人気が出そうです。
 また、メリオダスが、あの壊れた剣を奪われそうになったときに現れた額の模様、瞳の様子。こちらも、いろいろ秘密がありそうです。
 過去にもいろいろあったようですし、その辺りも、今後描かれていくのかな? 期待したいところ。
 そして、今回はやっぱり、エリザベスちゃんの決意。身体を張ったその“覚悟”には、可愛い女の子ながらシビレます。
 対して、聖騎士、特に不気味な牙たちのゲスなこと。やっぱり、人間、大事なのは生き様ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。