スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWの観望&撮影②

どうも、まにまに~。

昨日は、結局“ヤマト”三昧。
あの後、友人S氏がやってくるまで、敢えてファ○劇にチャンネルを戻さなかったのですが、戻すと当然、“永遠に”。
再び見入ろうとする自分を、「夕飯くらい外に出ろ。」と諭され(休日引きこもりなので(^^;)、とりあえず夕食へ。
で、帰ってきたら“完結編”。(笑)
ディンギルとの戦いと、「お父さん…。」
まぁ、毎度話題になるのですが、誤診は無いよなぁ。(苦笑)やりたかったことはわかるんですけど。

で、その後は、天気が良かったので、喜んで観望&撮影に。
なので、結局27日分の画像処理ができなかったのと、今日は特に視たいものもなかった(^^; ので、今日は一昨日の戦果をご紹介。

今回持ち出したのは、シュミカセのC8。とはいっても、これも安価に手に入れた、ビクセン時代のSC200Lのオレンジ鏡筒ですが。
口径が大きく、焦点距離が長く、元来月や惑星に向いているような記事をよく見かけます。
これまでは、基本眼視、または数回KissX2での撮影に使った程度だったので、これもどんな画像が出来るのか楽しみでした。
それに、これは軽いので、赤道儀に載せて追尾撮影も可能です。
毎度の如く、深夜に動き出し、赤道儀をセッティング。
前回の反省がありましたが、やはり、この焦点距離での土星導入・追尾に若干不安があったので、まずはお月様を狙います。

おぉ、観える観える。
温度順応の時間はそんなに長く取ってなかったのですが、この時期だと影響は少ないようです。
それでもそこそこにゆらゆらしてますが、PCの画面に、大きく月が映し出されました。
早速キャプチャーソフトの設定を見直し、撮影&構図の見直し。
そうして、何セットかの動画を撮りためました。
その加工後の2枚がこちら。
130427_002(C8_2300mm_NexImage_REGI).jpg
<NexImage C8_2032mm 直焦点 AMCap_30fpsで120s GP追尾 REGISTAX6でスタック&ウエーブレット PSP7で縮小&トリミング>
う~ん、先日までの月面に比べると、結構イケてるような気もしますが、まだピントとか、細かいところが甘いようですねぇ。
もう少し鮮明な画像にしていきたいところです。

取りあえず、構図を変えて撮った画像が何枚かできたので、ちょっとやってみたかったことに挑戦。
130427_006(C8_2300mm_NexImage_REGI_Moza).jpg

モザイク処理です。
とは言っても、今回撮影時にそこまで意識はしていなかったので、3枚がやっと繋がった程度なんですけどね。(^^;
でもこれ、月面全体でやったら、いくら自分の低い腕前でも、多少すごい画面になりそうな気がします。
それの実現に向けての問題は、撮影に使っているPCの容量と、それだけモザイクを意識した撮影を行う本人のやる気くらいかな?(苦笑)

さて、月は何だかんだと枚数撮りましたから、次の対象は土星さんです。
ちょっと心配していましたが、あっけないほど簡単に導入することができました。
しまった。既に西に傾いている状況からすると、やっぱり先に土星さんから狙えば良かった。(--;
とか思いつつ、再度AMCapの設定を見直し、撮影。
また、この時、傾いた先の光害避けと、少しでもコントラストを上げようと、自作の簡易段ボールフードを着装。
その結果は…。
130427_007(C8_2300mm_NexImage_REGI).jpg130427_008(C8_2300mm_NexImage_REGI).jpg
<NexImage C8_自作フード着用_2032mm 直焦点 AMCap_30fpsで120s GP追尾 REGISTAX6でスタック&ウエーブレット 等倍 PSP7でトリミング>
おぉ、土星さんの模様も見えてきていますし、カッシーニの間隙もそこそこ明瞭になってきたような…。これもまだまだですけど…。
ただ、やっぱりC8が惑星等に向いているっていうのは、本当だなぁって感じました。

で、こうなるとやはり、“欲”が出てくるもので。(^^;
今回もX2のバローレンズで、焦点距離を2倍に。
130427_009(C8_2300mm_NexImage_REGI).jpg130427_010(C8_2300mmX2_NexImage_REGI_trim75).jpg
<NexImage C8_自作フード着用_2032mmX2バロー 直焦点 AMCap_30fpsで120s GP追尾 REGISTAX6でスタック&ウエーブレット PSP7で縮小&トリミング>
…撮影中に、どうも土星さんの姿が明瞭じゃないよなぁ? と感じていたのですが、加工してみても、やはりボケボケのまま。
今回は、以前のような赤道儀のセッティングミスは無かったですし、ピントもかなり見直しました。
(これもバーティノフマスクは作っていませんが。)
う~ん、何が良くなかったんだろう? と思いつつ、一昨日の撮影終了。

しかし、今更ですが、月は惑星や恒星等との動きと速度が違うんですね。
知識として知ってたつもりなんですが、今回の焦点距離で追尾していて、初めてそれが実感できました。

こういうのも面白い学びです。
では、次回は昨日の分の撮影結果の報告を。(^^;

それではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。