スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天文雑誌6月号2冊

どうも、まにまに~。

昨日は、中の人の所用で、ブログの更新は出来ず。
また、連休前で再びすごく天気が良く、これは観望&撮影か? とも思ったのですが、睡魔に勝てず。
邪王真眼の使い手とダークフレイムマスターのお話の冒頭を視ながらこた寝して、気付いたらENDマーク。間がいいなぁ。(苦笑)

と、いうわけで、天文雑誌です。今回はいつもの5日発売ではないので、少し早めに楽しめました。

『星ナビ』6月号
 表紙が、以前企画されていた通りの構成になっていたのに、ちょっと感心。(笑)
 今回の特集は、“コン赤で星を撮る”。ちょうどここ数ヶ月、ポラリエで星の撮影をしてましたので、興味深く読みました。
 というか、“コン赤”っていうのは、星ナビによる造語のようですね。
 響きが“痕跡”と同じということで、星の痕跡を追う機材という位置づけで出てきたものかと思っていました。
 ポタ赤との違いは、ポタ赤よりも小さくコンパクトなこと。なるほどね。
 コン赤でも、ユニットを拡張させ赤道儀然として使えるものもありますが、原形で判断ということのようです。
 TOAST-Proや、特に最近はSWAT-2000もいいなぁと思いますが、コスパとか考えると、ポラリエやCD-1+が一番な気もします。
 で、大事なのはやっぱり“極軸合わせ”。うんうん、そうだねぇ。実感しながら読めました。(^^;
 また、微動装置として紹介されていた、ベルボンのプレシジョンレベラーもいいなぁ~とか思いました。コンパクトで軽そうだし。
 ユーザーレポートも興味深く、特にこれから購入を考えてみる方には参考になるかと。
 次に、パンスターズ彗星の記事は…さすがにかなり減りましたが、扇形の尾も撮してみたくはあるんですよね。
 機材ネタでは、やはりFC-100D。ネットで知ってはいたんですが、魅力的ですね。昔のFC100より重さが半分とか。いいなぁ。
 また、KissX7の記事では、早く星空を撮った作例などのレビューが読みたいところ。

『天文ガイド』6月号
 巻頭記事は、パンスターズ彗星とアイソン彗星の状況。画像はパンスターズ彗星のみですが、アイソン彗星も楽しみになってきます。
 そのままカラー記事で、超新星と彗星発見の記事へ。すごいことですよねぇ。記事内の機材部分に目がいきますが。(^^;
 機材ネタで言えば、FC-100Dの記事はこちらの方が大きめ。
 とはいっても、『星ナビ』同様、まだタカハシHPのものと大差ないので、また、レビューとかそういうのをお待ちしてます。
 あ、ちなみにそうした記事の一部にあった、“軌道星隊シゴセンジャー”のメンバー募集は目を引きました。
 明石在住なら、ぜひ応募したいところ。(^^;
 また、“LUMIX DMC-GH3”のレビュー記事も、すごく興味を惹かれました。
 最近土星さんの動画を撮影していたので、その関係でネットで知ったんですが、EXテレコンの機能は魅力的です。
 じっくりねっとり読んじゃいました。(笑)
 機材と共にいいなぁ~と思えるのは、プライベート天文台。
 現在、我が家の観望場所は、ブロックと板での構成ですからねぇ。(苦笑)

さぁ、またやる気を得て、星撮りに頑張りますか。
それではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。