スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待宵の月

どうも、まにまに~。

先日のKissX4の試験運用がそこそこうまくいった感じなので、本格運用の機会を狙っていました。
そして、そのチャンスは思いの外早く訪れたのです。

それは翌日、14日(火)。
GPVで我が県は黒い表示。夜の早い段階では、まさに月の観望日和。
せっせと機材を準備して、一息ついて外に出ると…うわ、雲だ。
結構粘りましたが、どうやら雲が抜けていく気配は無く、厚めの雲で月の存在が分からなくなる状況も。
悔しくて、雲の隙間から月を数枚写しましたが、あくまで憂さ晴らし程度。(TへT

その翌日、15日(水)は、我が県はGPVで完璧に真っ黒な表示。それも夜遅くまで変わることの無い予報!
今度こそ!!
幸い? 14日に使用した機材をそのままにしていた(悔しくて(笑))ので、対応は早めでした。
改めて月と木星を写す準備を進めます。(今回も月齢14の明るさなので、長時間露出の必要な対象は除外。)
何より、今回使用する鏡筒は、温度順応が必須ですからね。
しかしその分、寒さは身に凍みました。

ともあれ、まずは月を導入。
いやぁ、綺麗…というか、まぶしいわ!!
フィルター無しで導入してますから、ファインダーですら直視は厳しいです。
ピント合わせも含め、最終的にはライブビューで確認。

その際、ほぼ天頂付近の対象に筒を向けるので、姿勢がきつい…。
この寒いのに、地面に腰を下ろし、奇妙な姿勢でカメラを覗き込む男がそこにはいました。
やはり不審者? (^^;

で、月と木星をそれぞれ画像と動画で何枚かずつ撮影し、割と早めに撤収。
準備にかける時間に対し、撮影、撤収の早いこと。

その画像を処理してみました。
今回は違いがわかるように、できるだけ大きさを揃え、明るさなども近いようにしたつもりです。
140115_004(C8_Dフード_X4_GP追尾) 140115_003(C8_Dフード_X4_GP追尾_avi変換)
<左:KissX4 SC200L+自作段ボールフード ISO400 露出1/1600s×jpeg1枚もの GP追尾 PSP7でコントラスト微調整&縮小&トリミング>
<右:KissX4 SC200L+自作段ボールフード ISO400 動画撮影 GP追尾 AnyVideoConvereter_freeでavi変換 RegiStax6でフレーム777枚をスタック&ウェーブレット処理 PSP7で拡大&トリミング>

左はjpegの撮って出しなので、RAW画像から加工すれば、もう少し綺麗になったかも。
1枚だけで見ているとそうでもないんですが、右と比較して見ると、かなり画面が荒く見えます。

逆に右は、RegiStaxで読み込んだフレームを全てスタックしたからか、のっぺりした印象?
やはり面倒がらず、きちんと綺麗な画像だけ使うようにした方がいいのかも。
ただ、その操作方法がまだよくわかっていません。
一枚一枚吟味して…っていうのは、777枚からだとキツいです。
もう少し便利な方法は無いものか…、その辺りはまたこれからの学習課題ですかね。

また、右の画像は、これで既に拡大してます。
ちょうどいいサイズにするにはどうしたらいいか、画像サイズも未だ試行錯誤中です。

さて、ではこの時の木星ですが、やはりまた次回ということで。
…最近こればっかだな。(^^;

それではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。