スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップル銀河(^^; 再び

どうも、まにまに~。

週末の夜に天気がいいのは最高ですね。
それも新月期。
これはもう、観望・撮影するしかない! って感じで、昨晩も着々と準備。

今回の第一の目標は、M51子持ち銀河(TEL的命名カップル銀河(^^;)です。
以前の撮影(ブログ掲載1/12)では、バランスが崩れてオートガイドを断念し、露出不足だったので、再度挑戦という訳。

なので、今回、まずはしっかりバランスを取るところからスタート。
実は先日のM82撮影の際、ガイドこそしなかったものの、ガイド鏡を乗せてバランスを取る工夫をしていました。
今回はそれが生きる…はずです。
その工夫とは、主鏡前部に手持ちで空いている鏡筒バンドを装着し、前後させてバランスを取る、というもの。
…ありきたりというか、もっと早く気付いてやってれば…。でもまぁ、ちょうどいいものが空いててラッキー。
また、それでもバランスが取れなかったら、ポータブル赤道儀用のウエイト軸を、装着した鏡筒バンド上面にある、アクセサリ用のネジ穴にねじ込んで加重するという計画です。

赤道儀を設置し、桐灰懐炉やWebカメラ等、必要なものを取り付け。
バランスに影響しそうなケーブル類も、ゆとりをつくりつつ、まとめて固定。
細かいところまで一応気をつけてチェックします。
結局ウエイト軸1本を使用して、バランス調整完了。
赤経・赤緯共、ほぼどの位置でもフリーストップ&上下に粗動させてみても移動量が同じ程度になりました。

…ちなみに、わかっていたことですが、ウエイト軸を鏡筒バンドにねじ込んだことで、望遠鏡にアンテナが生えたように。
どこかに引っかけたりしないように注意は必要ですが、まぁ、指揮官機みたいなものだと思うことにしましょう。(^^;

さて、暗いながらもよく仕事をしてくれているガイド鏡のWebカメラに近場の星を導入して、PHDGuidingでガイド開始。
おぉ! 明らかにこれまでよりもガイドが安定している!!
やっぱり、赤道儀のバランスをしっかり取るのって、すごく大事なんだなぁと改めて実感。<当たり前
ここ一年ほどは、多くの方にとっての当たり前を、自分にとっての当たり前にする経験を積み重ねているようです。

で、その時のガイドの様子がこれ。

もっと安定させないと使い物にならない、というご意見もあるでしょうが、自分としては、これでもこれまでの中でBESTと言える出来です。
少なくとも、そこそこの露出には耐えてくれるでしょう。

ここでやっと撮影開始。
なんだかんだで、ここまで1時間半ほどかかっています。
しかし、ここから先はほぼ機械任せ。
露出時間を決めて、後はおこたでぬくまったり、星空を見上げたりしながら過ごします。
…改めて、惑星撮影時とは結構違う感じがするなぁ。(^^;

そして、前回の総露出15分(3分5枚)の実に4倍の露出、60分(5分4枚+10分4枚)で仕上げた画像がこちら。
比較の為、前回撮影したM51を再掲して、右に置いてみます。
140131_001(FL80S_LPSP2_AC2_X4_GPD2_PHD_05mX4_10mX4).jpg 140106_004b(M051_FL80S_LPSP2_AC2_X2kai_GPD2_0900s).jpg
<左:KissX4 FL80S LPS-P2 AC2 ISO1600 露出300s×4枚+600s×4枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など PSP7で合成&なんちゃってフラット処理&縮小&トリミング>
<右:KissX2改 FL80S LPS-P2 AC2 ISO1600 露出180s×5枚 GPD2+SBS SI7でダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など PSP7で合成&縮小&トリミング>

色合いの違いは、改造機かそうで無いか、もしくは画像加工段階での処理の違いによるものでしょうか?
いずれにしても、今回撮影した画像の方が、星が引き締まっていますし、細部まで描写できているのではないかと…。
え? そうでもないですか?

で、では、もう少し縮小率を抑えたものをドン。
140131_002(FL80S_LPSP2_AC2_X4_GPD2_PHD_05mX4_10mX4).jpg
ほら、前回よりも渦の模様がはっきりしてきていますし、前回よりも2つの銀河の渦の先が近づいた感じがしませんか?
徐々に寄り添っていく2人って感じで。
…自己満足だとは思うんですけどね。(^^;

実際、この画像の加工をしていて、自分自身が「総露出は4倍になのに4倍増しの画像ってわけじゃないなぁ」と思ってましたし。(苦笑)
そこで、露出と総露出、また加算と加算平均の違いとかも考えて、撮影・処理していく必要があるかな? とか思います。
その辺りを確かめるためにも、次回は20分とかの露出もかけられたらかけてみて、結果の違いを比べてみたいものです。

さて、本日も少し長くなりました。
この後もいくつか天体を撮影? しておりますが、その紹介はまた後日ということにします。

それではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。