スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろやってはいるけれど その2

どうも、まにまに~。

昨日の続きの試行錯誤ネタ。
全く、連夜天気がいいので、ちょこちょこ何かするには絶好のコンディションですね。
嬉しくもアリ、翌日のことを考えるとバカだなぁと反省することもアリ。(^^;

で、10日(月)の夜からは、再び月の撮影への挑戦を続けています。

これは、アストロアーツのHPで最近の月の美しい画像を見たから、というのが大きいです。
そりゃ、写せるものなら、あんな風にシャープで、それでいて滑らかな月の画像を写したい、と思いますよ。
それもほぼ撮って出し。
動画加工で無くても、美しいモノは残せると示されてしまいました。
また、某HPで『jpeg1枚画像でもRegistaxのウエーブレット処理が効果的』という文を読んだので、それ用の画像を用意して、自分も何とかして美しい月を描こうというわけです。
(フィルターワークでの試行が、なかなか巧くいかないというのもありますが…。)

そこで今回は、いつもだとLPS-P2などもかましているのを、少しでも間の光学系を除いた方がいいだろうと思い、レデューサー代わりのAC-No2のみ使用した状態で撮影してみました。

ただ、10日は遅い時間から動き出したので、月が西に傾き、何と撮影中に電線にかかり始めてしまいました。
なので、そこそこの画像は撮れたのですが、撮影時点でもうちょっと追い込みたかったかな、という思いで、この日は撮影終了。
11日に、あーでもない、こーでもないと、ウエーブレットを弄り倒して、何とか仕上げたのが次の画像です。
140210_001(FL80S_AC2_X4).jpg 140210_001b(FL80S_AC2_X4).jpg
<KissX4 FL80S AC2 ISO200 露出1/500s×1枚 GP固定 Registax6でウエーブレット処理 PSP7で縮小&トリミング>

…やっぱり微妙。
もう少し追い込みたかったという思いは、如実に結果に表れています。

で、11日の夜。
翌日、中の人のお仕事があるにも関わらず、「短い時間だから…。」と言い聞かせ(^^; 撮影敢行。
この日は、短い露出時間ということで、月の撮影ではこれまであまりやっていなかった、追尾撮影も取り入れました。
月の撮影は短い時間ですが、それでも確実に月の移動はみられるので、少しでもそれを無くすことで、より鮮明な画像を、と考えたわけです。
この時はピントの山? も前日よりつかみやすく、いい感触で撮影を行うことが出来ました。
140211_001(FL80S_AC2_X4_ISO200_1s320).jpg 140211_002c(FL80S_AC2_X4_ISO200_1s320).jpg
<KissX4 FL80S AC2 ISO200 露出1/320s×1枚 GP追尾 Registax6でウエーブレット処理 PSP7で縮小&トリミング>

これは、結構、目指している“シャープかつ滑らか”にちょっと近づけた気がします。
ちなみに、元画像であるjpeg撮って出しが以下の2枚。
140211_002(FL80S_AC2_X4_ISO200_1s320).jpg 140211_002b(FL80S_AC2_X4_ISO200_1s320).jpg

下の画像もそれなりにいい感じに撮れたとは思うのですが、違いがかなり明確に出ていますよね?
ちょっとうまくいった感じで、ちょっとだけ嬉しくなってきました。

さて、こうなると、これがフロックでない、ということにしたいものです。
なので、12日の夜も撮影を敢行。<バカ(^^;
セッティング等は全く前日と同じですが、月の明るさに対応させ、ISOや露出時間をいろいろ試しつつ、その都度ピントの確認をして撮影をしました。
その中でも、トータルで見て、一番良さそうな画像を選んで加工しています。
その結果がこちら。
140212_001(FL80S_AC2_X4_ISO200_1s400).jpg 140212_001b(FL80S_AC2_X4_ISO200_1s400).jpg
<KissX4 FL80S AC2 ISO200 露出1/400s×1枚 GP追尾 Registax6でウエーブレット処理 PSP7で縮小&トリミング>

これも、自分としてはまぁまぁな出来になったのではないか、と感じています。
(ちょっと明るすぎる気もしますけど…。)
jpegのウエーブレット処理、イケますね!!

さて、ここまできたら、月の連続撮影がどこまで続けられるか…と思っていると、さすがに今日13日はかなり雲が出てきました。
何だか、また週末は雪の予報です。さすがに月の撮影は無理かな。

と、ふと自宅に帰り着いて月を見上げると、…虹色の暈!?
おっと、ケ・ケ・ケータイで…、暗くて写らんわ!!

部屋に入って急いでコンデジを持ち出し、改めて写そうとすると、…既にその現象は観られなくなっていました。
超残念。(TT
その後、外にちょこちょこ顔を出して確かめていたら、改めて暈がかかった様子が見られたので、一応こちらは撮影。
140213_001(PSS95_28mm_ISOAUTO_SCN).jpg
<PowerShot95S 28mm ISOAUTO シーン撮影モード(風景) 手持ち jpeg1枚モノ PSP7で縮小&トリミング>

手持ちだし、暗い関係でかなりブレが入っていますが、一応暈はわかりますよね?
でも、帰宅時の暈は、もっと綺麗だったんです。返す返すも残念。
一期一会という言葉が頭をよぎります。

何にしても、月の連続撮影も、ひとまずはここまで、ということになりそうです。
少しは技量に結びついていてくれるといいのですが。(^^;

それではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。