スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれい星雲…失敗から学ぼう

どうも、まにまに~。

5/7(土)に、自宅から60kmほど離れた地へ遠征に行った際、そう、先日UPしたアンタレス付近狙いだった時のこと。
どうにも薄雲が切れない南側に対し、実は、北側や天頂付近は目に見えて星の数が違いました。
しかし、目的はあくまでもアンタレス付近。あの3色が出したい! だったので、そっち優先にしたわけです。

ただ、この自宅の庭とも大きく異なる肉眼で見える星の数の違いには目を奪われ、せめてもう1個、コンデジだけでも持ってくれば…と思える程でした。

で、アンタレス付近十数枚撮影後、せっかくだから…と、対象を変えて5分6枚程度の露出をかけたんですが、この時にノートPCのバッテリー終了。
あれい星雲付近の撮影は、5分2枚と4分ちょい1枚という結果に。
しかし、さすがに空の状態が違ったからでしょう、2枚でも結構見られる様な画像になりました。
それがこちら。
160507-001Lsb.jpg
<FS60C BORG7885 LPS-P2 KissX2改R ISO1600 露出300s×2枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でフラット・ダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など GIMPで各種補正 PSP7で縮小&トリミング>

今回はピクセル等倍も。どん。
160507-001Lb.jpg
…こっちはやめときゃよかったか? (^^;

何にせよ、早めにアンタレス付近を諦めて、別の対象にしておいたら、先の遠征ももっと実りのあったものになったでしょうに。
もしくは、折角の遠征なんだから、2台体制にするとか。
特に遠征の際は、あまり一つの対象に固執すること無く、臨機応変に対象や構成を変える柔軟さや計画性が必要なようです。
ま、後悔先に立たずと言うことで、こういうのも失敗から学んでいくしか無いですね。

ちなみに、結構有名な観測地だったにも関わらず、他の皆さんは見られなかったので、やはりこの日はダメな日だったのか、他の駐車場にいらしたのか…。
何にせよ、独学天文道が未だに続いています。(苦笑)

さて、次回更新は、やはり自宅庭モノとなりそうです。
それではまた、まにまに~。

コメントの投稿

非公開コメント

おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。