スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦艦ヤマト2199 #5

TV版のOPにも、ようやく少し慣れてきましたが、「必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え」の後のアレンジは、どうしても…。
せっかくの盛り上がりの所で、何だかテンポが悪く、もっさりした感じになっていると思うんですけどねぇ。う~ん…。

で、今回はまず、CMネタから。

このプラモデルのCMには、古代くんVer.と沖田艦長Ver.があるようですが、どちらにも共通して感じること。
このノリって、「ジオン脅威のメカニズム」とか言ってたアレと同質の、とても懐かしい匂いがするんですけど。(笑)<歳がばれる。(^^;

では、本編。

毎度地球のことを“テロン”と言われる度、“ケロン”と聞こえ、“ケロロ軍曹”を彷彿させます。(^^;
さておき、「肌の色が違う劣等種族。」とか「純血ガミラス人。」といった言葉が交わされ、やはり肌の色で差別が行われている様子。
差別視そのものは許せる話ではないのですが、設定としてはアリ。
ガミラスにもガミラスなりの、シュルツくんたちにはシュルツくんたちなりの理由があり、そこに“戦争”があるわけです。
なので、こういう“押さえ”はいいですよね。
特に、この“反射衛星砲”!

デザインは昔ながらのモノで懐かしさを感じつつ、本来は“遊星爆弾発射システム”…なるほど!! 理にかなってます。
テロン(地球)を軽んじていたガミラスが、これだけのシステムを、始めから防衛システムとしてのみ用意していた訳がない、ということ。
また、これまで遊星爆弾発射の描写は無くても、冥王星基地の重要性は以前から言われてきましたから、今回その重みが増した感じ。
そして、「これは使える…。」という発想を、ドメル将軍と繋げる…ナイス!

場面変わって、ヤマト艦内。
雪ちゃんがいない時、古代くんがいない時、第一艦橋の様子はこんな感じになるんですね。
南部くんが戦闘班長席にいるのは、ちょっと違和感。(^^; 非番があるというのも、なるほどとは思いつつ、違和感が…。
特に、南部くんは、今回かなり株を落としました。
意見具申で、惑星くらいって、それ、侵略行為と何ら変わらないって気付いてないのかな? 今回の南部くんは、若いなぁ。(^^;
で、口数少ない真田“先生”。もしかして、ロマンス的な話が…ないんでしょうけど、実際のところ、どうなるんでしょう?(^^;
その後、古代くんと二人になって、お礼を言う雪ちゃんに、「仕事だから。」的発言で返す古代くん。さすがな朴念仁っぷり。
ブリーフィングの後の雪ちゃんの行動が、すごく可愛いです。

可愛いと言えば、真琴ちゃん。
えっちぃ身体に、何故!? なミニスカ。それで今回、「見ないでくださいっ!」ですから、彼女の位置づけは、ほぼ確定? (^^;

そして、“メ二号作戦”へ。

島くんの今回の発言は、かなり重要。
これは後に響きます。

で、今回格好良かったのは、「隼を解き放て!」(でしたよね?)な、このシーン。

元々のヤマトの格好いい曲に、まさかの“ワンダバ”アレンジ。
そして、あの艦内に、艦載機を効率よく格納し、発進させる為に、納得のシステム。
コスモゼロの発進シーンの、オペレーターとのやり取りもいい感じですねぇ。
戦闘艦橋である、第二艦橋のCICも格好いいです。

そして、反射衛星砲による攻撃は、有無を言わせない迫力。
ヤマト視点で、どうにもならない緊迫感が良く出ています。
それにしても、やはり丈夫な第三艦橋。(^^;
冥王星の“海”に着水とはいえ、かなり厚いであろう氷塊に、あれだけ打ち付けられてもビクともしません。
ついつい、そこに目がいっちゃいます。(苦笑)

で、波動防壁が途切れた? って辺りの一撃で、冥王星の海に没するヤマト。
ここは、“完結編”のオマージュでしょうか?
ってところで、今回は引き。

ラストで真田さんが具申していた内容は何だったのか、その辺が次回の見どころになりそうですね。

今回も次回予告は無く、人類滅亡まで、あと3??日!

名探偵コナン 絶海の探偵

昼間は実家に帰って、夕方自宅に戻りました。明日、とある事情で、中の人の仕事があるんですよ…。しくしく。
(その合間を縫うようにして、マリオは楽しんでますが。(苦笑))
で、夜、友人S氏と、毎年恒例(^^; の、コナン劇場版へ。
今回はいろいろと都合が合わなかったものですから、今になって視聴というわけです。
しかし、お客さん多! GW初日の夜、それも本来金曜日と言うことで料金が安いからか、コナン映画で感じたことの無い人手です。
大人も多かったなぁ。

座席に座り、映画が始まる前の友人S氏との会話は、
「今年はどうかねぇ? 期待して視ていいだろうかねぇ?」
「期待しとかない方がいいと思うよ。その方が楽しめるだろうし。」
さて、どっちがどっちでしょう?(^^;


そして、視聴後の感想。
まぁ、いつものように突っ込みどころはある(^^; んですが、今作は素直に“面白かった”と思います。
推理モノですし、ネタバレになるような部分は伏せますが、個人的に面白かったポイントを3つ挙げてみます。

①“あの国”(笑)
 いや、個人的には一番の笑いどころでした。
 今回海自のイージス艦を扱い、随所にリアルな表現がなされていたのですが、ことこの国名の話題になると、全員が“あの国”表現。
 日本海側だわ、漂流船絡んでるわ、爆弾にあの国の部品が使われているわ、子どもたちはともかく、ほぼ推察できるので、笑えること。
 『じょしらく』的に言うなら、「かえせ~。人を~。」なノリですよね。(^^;

②リアルな表現。
 上にも少し書きましたが、細かい部分でリアルな設定が為されています。それが面白い。
 最近は、被害甚大な大事件とか、犯人もどうやって設置したんだ? その爆弾…なトンデモ爆発とか、多かったので、そこがよかったです。
 また、海自の動きや声を聞いていると、“ヤマト2199”でもみられる表現が。
 「とーりかーじ。」とか聞いて、やっぱりどちらも海自などを参考にリアルにしてるんだ、って感じ。

③テンポの良さ。
 今回のお話は、実質7時間~8時間程度の時間に起こった事件なので、非常にテンポがいい。
 犯人(今回はスパイ)が何かするのは既に終わったことで、推理や追跡がメインです。
 次へ次へと展開するノリは、視ていても飽きませんでした。

他にも、おっちゃんがいい伏線を作ってくれていたことや、うまくミスリードを誘う展開もよかったかな。

突っ込みどころは…、そうですね、今回敢えて一つだけ。
蘭姉ちゃんに関しては、あのシーンでロープが舞ったことが、その後の分かりづらさを招いたかな? と。
自分は全くそれを疑いもせず、その後の展開は読めていたんですが、え? やっぱりそうだったの? な状況。
しかも、あの時ライフジャケット切られてますし、あの高さですし、コナンくんの道具使用以外で、今回一番トンデモだったかな? ってことで。

宇宙戦艦ヤマト2199 #4

“さらヤマ”を視た後、当然のように“新たなる旅立ち”に突入。(^^;
島くんや相原くんが退院。太助くんとか、山崎さんとか、新しいメンバーも加わり、修復されたヤマトの航海試験へ。
太助くんが怒鳴られる場面とかも、視ていて懐かしかったですね。
で、場面が変わって、デスラー総統登場。(^^;
いやまぁ、“2”の後のお話ですし。
そして、イスカンダル暴走…って辺りで、さすがにチャンネルを変えることにしました。
だって、“2199”の時間ですから。(笑)

冒頭で、シュルツくんにゲールくん登場。いやぁ、今作もゲールくんは嫌な奴そうですね。(^^;

ここでゲールくんが、「二等市民から、一等ガミラスへ…。」という声をかけています。
つまり、ガミラスには差別的な階級差があるということ。
長年謎? とされてきた、ガミラス人の肌の色の違いが紐解かれてきました。デスラー総統は別として。(笑)

所変わって、ヤマト艦内。
今後の航路の確認後、食事シーンへ。
中原中也の文庫本(未だ紙ベース健在!)を読む真田副長でありますが、相原くんに食事の原材料を聞かれて
「知らない方がいいと思うよぉん。」
と、このドヤ顔。(笑)

多分、乗組員の排泄物とか、そういうものなんでしょうね。(^^;

そして、ヤマトガールズ顔見せ。みんな可愛いです。どうも眼鏡の彼女は何かありそうですが。

掌帆長の榎本さんは、まさに海の漢といった感じ。エンケラドゥスでガミラスの攻撃を受けても、真田さんと2人平然としてます。


古代くんは、榎本さん曰く、“姫”のエスコート。
救難信号の発進地点へ赴き、調査を行います。

いやしかし、メディックの宇宙服がえっちぃです。そう思いませんか? 真琴ちゃんの場合だけ?


で、いろいろあって、帰艦。
救難信号は、古代くんのお兄さんの乗艦“ゆきかぜ”の、自動発信によるものでした。
その、古代くんの心中を思ってか、憂い顔の雪ちゃん。


「地球をゆきかぜのようにはしたくないな…。」
艦長室から敬礼する先に、ゆきかぜと傍らに立てられた墓標。

…二十四人って、そんなもんなんですかね?

ともあれ、今回も次回予告は無し。
これはいよいよ、BD版の確保が急務かな?
ただね、現在はBD版の再編集といった感じですが、TV版のOP・EDがあるってことで、TV版出さないでしょうね?
それも、別に新規カットや、別演出取り入れて。
それが怖い。

何にせよ、人類滅亡まで、あと3??日!

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

幸いなことに、昨晩も観望&撮影が敢行でき、やはり寝たのが午前3時頃。
10時過ぎに起き出して、TVの電源を入れると…ヤマトが七色星団でドメル将軍と戦っています。あれ? 昨日視たよなぁ? (--
ぼけーとしながら、記憶をたぐり、あぁ、そういえば、ファ○劇のGW一挙放送で“劇場版も”やるらしくって、予約をひっかけといたんだっけ。
で、結局視ちゃった。(笑)
映画版だと、総集編的要素が強いですが、尺の都合か、ラストの方で雪ちゃんが! のシーンとかは変更され、あっさりな感じに。
そういえば、映画版のBDが発売されるってニュース見て、友人S氏が「もう一方のエピソードも入ってれば買おうかな。」と言ってました。
“着いてみたら、イスカンダルに誰もいない版”だそうですが、あったっけ? 視たら思い出すかもですが、既に記憶がありません。
全くさすがな記憶力です、友人S氏。

で、もちろんそのまま、“さらヤマ”にも突貫!(笑)
そりゃね、実質これが本当の正史であるわけですし、やっぱり今見ても感動ものの物語ですから。

なので、冒頭から、古代くんと相原くんの掛け合い、古代くんと雪ちゃんのいちゃラブっぷりの辺りは、ついついじっくり見入ってました。(^^;
で、これまたふと思い立って、ガラケー起動。そのまま視てればいいのに、我ながらバカかと。(^^;
とりあえず、これまたたくさん撮った中から10枚ピックアップして、ダイジェスト風に振り返りたいと思います。

ともあれ、まずはこのシーンが撮れたので、よし。
海面で波動エンジンに点火し、ジャンプする、今作のヤマト発進の場面。ここも格好いいですよね。

地球のお偉方の考え方に反目し、前回とはうって変わって追われるような旅立ち。
ここは、ほぼ唯一と言っていいだろう理解者、長官のあの台詞しかありません。
「沖田の子どもたちが行く…。」
しびれるぅぅう。
でも、こんなことになるなら、英雄の丘も撮しておきたかったところ。あの場所、あの音楽も、渋格好いいですからね。

で、宇宙に出てみると、見送りにも来なかったはずの雪ちゃんがちゃっかり。
佐渡先生が、かーなーりー気を回すのですが、やっぱり相手を大切に思うが故に、古代くんは雪ちゃんに退艦命令を出します。
それを聞いて雪ちゃんが取った行動。
突然の脱衣。きゃー大胆っ!!(///

「退艦しろと言ったのはあなたでしょう? 宇宙遊泳でも何でもして帰ります。」
これには、というか、この覚悟には、さすがの古代くんも一本負け。(^^;
いざという時、女性は強いって感じです。

そして、舞台はテレザート星へ。
いろいろあって(^^;、中枢で封印されていたテレサを助けます。

ここで真田さんの説明により、“反物質”の設定が刷り込まれたもんですから、TV版の“2”のテレサは、違和感が強かったです。
でも、TV版の方が可愛いテレサの出番が多かったので、それはよかったかな? (TV版は服を着てますが。倫理規定?(^^;)

その後、まさかのデスラー総統再登場。
“1”の、太陽系での再登場の際も、「いや、ガミラス本星で死んだでしょ?」だったのですが、今回も「え? 死んでなかったの?」でした。
デスラー砲を空間磁力メッキで跳ね返されて、直撃喰らったのに生きてます。すげぇ! まさに、不死身。不屈の漢デスラー。
ここでも、「ガミラスの空気の下でないと生きられないんじゃなかった? 古代くんと同じ空気の下にいるけど。」とか、突っ込みどころ満載。
そういえば、確か、“好敵手”って歌もありましたっけ。<遠い目

この後、雪ちゃんが、例え敵でも怪我人を放っておけない優しさを見せる中、彗星帝国のミルに撃たれて重傷に。
で、デスラー総統は、ヤマトに白色彗星の重大な秘密を教えて、宇宙に消えていくのです…。
でも、みなさんご存じの通り、ここでもやっぱり死なないんですけどね。(^^;

そして、ヤマトが地球圏に帰ってくる頃、地球が誇る最新鋭宇宙艦隊が、白色彗星を迎え撃ちます。

そう、宇宙戦艦アンドロメダ。そして、拡散波動砲!!
当時は、“拡散”波動砲って言葉にしびれましたね。
まぁ、白色彗星相手には、逆に相性が良くなかったわけですが。
で、地球の宇宙艦隊全滅。
彗星帝国の前衛艦隊が、地球に訪れて降伏を迫り、地球の人々には絶望が漂います。
でも、ある子どもが言った一言が、地球の人々の希望になっていきます。
「ねぇ、ヤマトは? ヤマトが来たら、あんな奴等、やっつけちゃうよね?」(だったかな?)

降伏勧告の為、その移動を止めた白色彗星。
そこに、デスラー総統が遺?した秘密をもとに、ヤマトが白色彗星の目の前にワープアウトして波動砲一閃!
響く轟音。
これで地球は救われた。…そう思った時…。

消え去ったガスの奥から現れた、彗星帝国の全貌。
波動砲に全エネルギーをつぎ込んで、戦う力もほとんど残っていないヤマトですが、地球のために再度立ち上がります。
ここから先が凄惨。

徳川機関長に、佐渡先生、航空隊の山本くん、加藤くんたち、ここまでの主要メンバーが、戦いの中命を落としていきます。
そう、雪ちゃんも。(TへT
また、特にここ。

彗星帝国を内部に潜入し、真田工場長が爆破のセッティングをするまで、倒れず守り続け、仁王立ちの斉藤くん。まさに、漢!
この辺りは、男泣きシーンが多かったです。

そして、防御フィールド? の無くなった彗星帝国に最後の力を振り絞って総攻撃!
爆散する彗星帝国。
「大きな…大きな代償だった…。」

が!

内部から現れた、超弩級戦艦!
その一撃で、月を簡単に破壊する攻撃力。
よく考えたら、ヤマトの方がすごい気もしますが、この時はそんなことも考えられません。
当時は、現在のようにラスボスが三段変形するなんてそうはなかったと思いますし。

もう、何もできない…。
そんな絶望の中、沖田艦長のレリーフにどうしたらよいか尋ねる古代くん。心に響く沖田艦長の声。
「お前はまだ戦う武器を持ってるじゃないか。…命だよ。」
これは決して、直接的に命を差し出せ、とか、特攻せよ、とか言っているわけではありません。
当時何となく感じていたことですが、今回も視ていて、やっぱり、命ある限り精一杯向かっていくこと、生き方を語っているんだと思います。

そして、艦長命令で全員を退艦させ、雪ちゃんと二人で艦長席へ。
「これからはずっと一緒にいるよ。これが2人の新婚旅行だ…。」

何て悲しい旅立ちでしょう。
そして、ヤマトは超弩級戦艦を追って小さくなり、彼方で輝く光点…。

いや、何度視ても、やっぱり感動ものでした。

宇宙戦艦ヤマト 旧TV版

今日、昼頃起きて(^^: TVの電源入れると、“GJ部”1・2話が。キャラは可愛いけど、実際、今ひとつ何をしたいのかまだよくわかりません。
で、そのまま点けっぱなしにして、昨晩の画像の加工をいそいそと始めると…“宇宙戦艦ヤマト”(旧TV版)が始まりました。
あぁ、そういえば、ファ○劇のGW一挙放送でやるらしくって、予約をひっかけといたんだったなぁ…と顔をあげ…、結局視ちゃった。(笑)
それも、何とな~く“2199”との比較でも…と、ガラケー構えちゃったから、さぁ大変。30分毎に充電しながらの視聴と相成りました。<バカ

ともあれ、第1話。冥王星海戦辺りから。

やっぱり「バカめ、だ!」は格好いいです。
守兄さんは、こちらの方が血気盛んで無鉄砲な印象。仲間をやられて…というのはわかるんですけどね。

で、キービジュアルともなる、この2枚。

松本絵なスターシアで、これも“ヤマト”の象徴。
可愛さからいけば“2199”版かもしれませんが、妖艶な雰囲気とかはこっちでしょうか。
また、赤錆びて鉄屑然としたヤマトは、こっちの方がいい感じ。“2199”だと、ちょっと綺麗すぎる感じがします。

で、第2話。
1話で取り逃したサーシアをば。

う~ん、サーシア可愛いです。これはどちらも同じく可愛いので、次行ってみましょう。(^^;

そうだった、そうだった。アナライザーは、こういうキャラでした。(^^;
多分オミットされてしまうでしょうが、このシリーズの“ビーメラー星”で、人間くさく、また悲哀を感じさせる話もありました。
今回はそういう、アナライザーにスポットを当てた話は無いんでしょうかね?

で、無くなったと言えば、このシーンも。

第二次世界大戦中の大和の動きを追いながら、霧の中出撃する海軍の艦を見送りつつ、
「よーく見ておけ。あれが日本の“漢”の艦だ。」
と孫に語る、おじいさんの台詞。
すごい渋い場面ではあるのですが、今これやると、某国の突き上げもあるし、自粛されたのかな? とも思います。(苦笑)
この第2話で、ヤマト起動。
沖田艦長の、「うろたえるな!」の台詞は、この時でした。

続いて第3話。
ヤマトの艦内説明で、技術班の所へ行き、万能工作マシンでアストロバイクを即座に製作して見せ、ドヤ顔の真田さん。(笑)

いや、だって、偶然ですけど、これ、そんな顔してますよね? ただ、真田さんの頭脳とこのマシンがあったら、まさに無敵! です。

そして、いよいよヤマト発進!
超巨大ミサイルが飛んでくる中、島くんのスイッチ入れ忘れで、一度は波動エンジンの起動に失敗。
再度起動を行うも、エンジン音は聞こえてきません。
この時の沖田艦長の台詞は、おたおたして島くんに食って掛かっていた、古代くんに対する「だまれ!!」でした。(^^;
それこそ、この時「うろたえるな!!」だったかとも思っていましたが、記憶は曖昧なモノです。(自分だけ?)

黒煙を背に、旅立つヤマト。
こういう一枚絵の演出もいいものです。渋いなぁ。

そして、第4話が、お待たせしました。ワープ話。<バカ
こちらのシリーズでは、この第1回目のワープは、月軌道から火星までのショートワープの実験、という形で行われています。
この時、山本くんが攻撃隊として出て、帰還できずに…という話があったんですが、“2199”では、山本くん本人が既にお亡くなり設定。
妹ということで女の子を出すことになったからでしょうか? 可哀想な山本くん…。

で、これだ!

ブレちゃった。てへぺろ。<「だまれ」(^^;
タイミングは計っていたつもりだったんですが、上手くいきませんでした。

そして、ここまでで我がガラケーの容量とか、電池の状況、またずっとカメラを構え続けていた疲れから、撮影は終了することに。
実際、撮った画像ももっとあるのですが、取りあえずここでは10枚に絞っていますし。
だから、決して上記の画像が撮れなかったから、やる気を無くしたわけでは…。(^^;

で、この後、作品そのものは、結局何だかんだと最後まで、13時間通して視てしまいました。
映画見に行こうとか、食事は…とか、いろいろありましたが、やっぱり見始めちゃうとねぇ。

そして改めて感じたこと。
こちらにはこちらで、気になることもあるけれど、いいところもたくさんあるなぁってこと。
なので、“2199”も面白いけど、こちらも面白いってことですね。<当たり前?
おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
GPV雲量・風速確認
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。