スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれい星雲…失敗から学ぼう

どうも、まにまに~。

5/7(土)に、自宅から60kmほど離れた地へ遠征に行った際、そう、先日UPしたアンタレス付近狙いだった時のこと。
どうにも薄雲が切れない南側に対し、実は、北側や天頂付近は目に見えて星の数が違いました。
しかし、目的はあくまでもアンタレス付近。あの3色が出したい! だったので、そっち優先にしたわけです。

ただ、この自宅の庭とも大きく異なる肉眼で見える星の数の違いには目を奪われ、せめてもう1個、コンデジだけでも持ってくれば…と思える程でした。

で、アンタレス付近十数枚撮影後、せっかくだから…と、対象を変えて5分6枚程度の露出をかけたんですが、この時にノートPCのバッテリー終了。
あれい星雲付近の撮影は、5分2枚と4分ちょい1枚という結果に。
しかし、さすがに空の状態が違ったからでしょう、2枚でも結構見られる様な画像になりました。
それがこちら。
160507-001Lsb.jpg
<FS60C BORG7885 LPS-P2 KissX2改R ISO1600 露出300s×2枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でフラット・ダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など GIMPで各種補正 PSP7で縮小&トリミング>

今回はピクセル等倍も。どん。
160507-001Lb.jpg
…こっちはやめときゃよかったか? (^^;

何にせよ、早めにアンタレス付近を諦めて、別の対象にしておいたら、先の遠征ももっと実りのあったものになったでしょうに。
もしくは、折角の遠征なんだから、2台体制にするとか。
特に遠征の際は、あまり一つの対象に固執すること無く、臨機応変に対象や構成を変える柔軟さや計画性が必要なようです。
ま、後悔先に立たずと言うことで、こういうのも失敗から学んでいくしか無いですね。

ちなみに、結構有名な観測地だったにも関わらず、他の皆さんは見られなかったので、やはりこの日はダメな日だったのか、他の駐車場にいらしたのか…。
何にせよ、独学天文道が未だに続いています。(苦笑)

さて、次回更新は、やはり自宅庭モノとなりそうです。
それではまた、まにまに~。

アンタレス付近のレッドブルーイエロー

どうも、まにまに~。

中の人の怒濤の日々も一段落。
ブログもおおよそ2ヶ月半程間が空きましたが、今回は割と早く復帰です。

忙しい中とはいえ、まぁ、観望・撮影は結構頑張ってました。
今年はここまで、それなりに天候に恵まれている感じがしますね。

さて、久しぶりの更新、メインは、GW5/4撮影の、『アンタレス付近のレッドブルーイエロー』です。

この付近、昨年も挑戦したモノの、余りに淡い対象で、全くもって満足できる結果が残せませんでした。
今年もここまでに5回は挑戦してると思いますが、どうにも巧く3色が出せません。
南に低く、自宅撮影だと、近くの光害の影響が強く出ちゃいますし、5分露出だと真っ白になるし、難しいです。

そこで、何とかこのアンタレス付近を綺麗に、の一心で、今年は遂に遠征デビューをしました。
ロケハンは明るいうちに、とは言われるものの、暗くならないとわからない周囲のアカリもありますので、深夜に徘徊すること3回。
民家の近くを行き来したことで、その家の部屋の灯りが急にともって、明らかに不審者扱いされてる感いっぱいだったり、
既に閉鎖されている施設と知らず、そこを目指して山道を走って、行き止まりで往生したりと、
結構色々ありましたけど、それらも含め、なかなか楽しめたってことで、今後に繋がっていくといいなぁ、と思っています。

では、まず、その結果をば。
160504-001Lb.jpg
<FS60C BORG7885 LPS-P2 KissX2改R ISO1600 露出300s×10枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でフラット・ダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など GIMPで各種補正 PSP7で縮小&トリミング>

う~ん、色を出そうと処理を強めすぎたからか、画像は荒れてるし、理想とする画像にはまだまだです。
とはいえ、実際問題、これが現在までの一番の出来。

ここ最近に撮った他の画像は、それこそこんなんですから。
160411-001Lb.jpg
これでも一応3色っぽい感じが出せたと言うことで、昨年よりはまだマシっていうのが情けない。

ちなみに、上下ともほぼ同じ構成の機材・設定で撮ってます。
違うのは、機材構成の見直しをした点と、撮影場所。
下の撮影結果を受けて、上はレデューサーとフィルターの位置関係などを見直しました。
とりあえず、アンタレス周辺のゴーストが無くなったのはよかったです。
で、下の撮影場所は自宅。上は、自宅から数km離れた公共施設の駐車場で撮ったモノ。
近くに国道が走り、必ずしも良い環境では無かったですが、自宅よりは光害地から北方に離れたのがよかったみたいです。

それにしても、その後、暗い空を求めて、60kmほど離れて遠征した際の結果がほとんど使えなかったのは残念。
雲がかかる中、GPVと星空指数を信じて北上。
いくつかの候補地を彷徨いつつ、意を決して結構有名な撮影地に着くも、かなりの雲量。
せっかくなので、時間を潰しつつ、雲が抜けるのを待つことに。
で、だいぶ抜けてきたのでいけるかと思って露出かけたんですが、薄雲にやられてアンタレスがにじみまくり。
加えて、やっぱり3色が出ないんですよね。
結果、どうにか十数枚撮影した中の、5分モノ3枚だけ使ってこの結果という哀しみよ。
160507-000L.jpg
もうちょい空の状態が良かったら、と残念でなりません。
翌日、中の人が休日出勤でなかったら、もう少し長居してでも、完全に雲が抜けるまで粘れたんですけどね。
…でも、電源問題で結局パーか。
予想はしてたんですが、あんなに早くPCのバッテリーが尽きるとは。(苦笑)

とにかく、露出をかけないと淡い部分の情報も残せない訳ですし、今回のここまでの結果を基に、次なる一手も考えないと。
やはりLPS-P2以上の露出がかけられる光害フィルターに手を出してみるか?

基本、撮影開始時に地平線に水平で…とかやってたので、そろそろきちんと構図を考えることもしないとですし。

いろいろ悩ましいです。

ともあれ、次回は別の対象を処理しましたんで、それの公開を早めに。
それではまた、まにまに~。

もう少し稼ぎたかった、マルカリアン・チェーン

どうも、まにまに~。

9日のこの地方は、僅かな希望も打ち砕くような雨天。結局日食は観られませんでした。
天気相手ですからこういうこともやむ無しですが、やっぱり残念無念。

で、とりあえず、その前(3日の晩)に撮っていたマルカリアン・チェーンを処理してみました。

と、その前に、UPはしてませんでしたが、実は2014年4月にも同じ対象を撮影してたのを思い出しました。
ブログ用に準備してたデータまで残ってたんで、せっかくなので、まずはそちらを。
140425-001L.jpg 140425-001Lc.jpg
<FS60C AC2 LPS-P2 KissX4 ISO1600 露出600s×5枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でダーク補正、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など PSP7で縮小&トリミング&反転及び文字入れ>

銀河が連なる様子から銀河鎖とも称されます。格好いい!
しかし、マルカリアン・チェーンと呼んでると、どうしても“ネビュラチェーン”の呼称が頭をよぎる…そういう年代です。
この時は、初めて撮影して、とにかくチェーン状に写ったのが嬉しかったことを覚えてますが、今見るとかなり暗いですね。

んで、今回のマルカリアンチェーン。
当日、本当は、改造デジ一をセットし、改造機の本領はやっぱ散光星雲だよね、と、コーン星雲付近を狙ってました。
が、時間的に厳しかったので慌てて導入した結果、何とかハッブルの変光星は捉えながらも、露出で失敗。
そのままのセッティングで撮影対象を春の銀河団に変え、露出時間を考慮しつつ、3分で複数枚撮影したモノを処理してみました。
ところが今度は、フードの大きさや、赤道儀の問題と思われる事態が発生。
そんなに強くなかった風の影響を、それでも大きく受けたようで、10数枚中完璧な点像だったのは僅かに3枚。
あまりにも寂しかったので、だるま状態や1.5倍程に星像が伸びたものはさすがに避け、
ギリギリセーフか? と、甘めのチェックで4枚を追加しての7枚コンポです。
う~ん。やはりこうなると気になるのは足回りだよなぁ。

ともあれ、どん。
160303-001.jpg
<ε-160 LPS-P2 KissX2改R ISO1600 露出180s×7枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でフラット・ダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など GIMPで各種補正 PSP7で縮小&トリミング>

ε-160はFS60Cと比べ焦点距離が長いので、写ってる範囲が違います。
ちょうど鎖状に連なってるところが良い画角におさまった感じかな?
…とはいえ、この大きさに収める為、角度変えるなどしたんで、右上に切れてる部分がありますが。(^^;

先に書いたとおり、甘めに見て7枚コンポですし、第一に3分露出。
ε-160のF値が明るいことで以前よりは写ってくれたとは言え、やはりもう少し露出を稼ぎたかったところです。
風の状態もみつつ、これは、近いうちに再度挑戦ですね。

それではまた、まにまに~。

コンデジに勝ちたい

どうも、まにまに~。

明日は金環以来久しぶりの日食なのですが、好天は望めそうに無いようです。
一応、撮影可能な準備だけは…と思いますが、どうでしょうねぇ。

さて、画像は2月24日撮影の月。
月が明るければ月を撮ればいい、の原則は今も継続中です。

しかし、月も本当に難しい。
過去に比べ、機材も向上し、そこそこは撮れるようになった気はするのですが、未だに満足のいく画面にはなっていません。
高価なデジ一+上質? なレンズで撮っているのに、ともすれば、コンデジよりイマイチな画面だと感じています。

160224-001L.jpg
<EF300F4L 2XTELEPLUSMC7-2連装 KissX4 ISO200 露出いろいろ複数枚 GP恒星時追尾 SI7でコンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など PSP7で縮小&トリミングなど>

目指すは、多くの方が公開され、ネットや雑誌で見ることのできる画像。
クレーターはシャープに描画され、海の部分は艶めかしい程にぬるっとした、あの表現です。
心に置いた合い言葉は、『シャープでぬるぬる』。

これができない。
時に露出を変え、ピントを見直し、時にビデオ形式で撮影し、時にjpegのコンポジットをし…と、色々試してるんですけど。

クレーターがジャスピンでも輪郭がぼやけた感じになることもありますし、まずはjpeg1枚モノの撮って出しが厳しい。
それにしては、複数重ねのレジスタックスをまだ十分に使いこなせておらず、こちらで作った画像もいまいち。
等倍表示だとコンデジ1枚ものの方が綺麗に感じたり、コンデジコリメートの方がシャープな感じだったりするんですよね。

撮影の腕も、画像処理の腕も、コンデジに敵わないって、ちょっと悔しいです。
なので、いつかはコンデジに勝ちたいものだと思ってるということで。

と、ぼやきつつ、明日の撮影に備えます。

それではまた、まにまに~。

フィルター換えてバラの撮影比較

どうも、まにまに~。

昨日は、ニコ生で『ゼロの使い魔』1期2期一挙放送を視てました。(^^;
で、今日は3期4期一挙放送視聴予定。
twitterで知って、ついつい視てしまったんですが、やめられない止まらない。
結局、あれもこれもやりたいことはあったけど、色々予定していたこともおざなりに。
好きだから良いんですが、それでも、ネットが人をダメにするのを実践中です。(苦笑)

話は変わって、
フィルター取り付け方法を見直して、MFAタイプにしてみたんで、2/15に再度バラ星雲を撮影してみました。
MFAは以前から持ってたんですが、通常タイプの方が使い勝手が良いので躊躇してたんですよね。
装着してみて、やはり若干ガタつく感じになるのが気になります。
ダストクリーニングが使えない改造機には埃防止にもいいと思いますが、
ε-160直焦点のフィルターワークとしては、今後他の方法も検討していきたいと思います。

さて、2/15というと、月面Xが観られた程の月齢。明るいこと明るいこと。
当初狙ってたオリオンで、500s露出では、もう画面は真っ白。
時間経過によりオリオンの撮影角度がキツくなったので、対象をバラに変え、300sで5枚。
…途中薄雲かかったし。(-"-
んで、改めて180s5枚撮って撮影終了。

結局使ったのは、300s2枚と180s5枚ということになり、前回の500s9枚と比べ露出時間は1/3程度。
正直、月面Xにいっといた方がよかったかと思っちゃいましたよ。

とりあえず撤収して、新しい機材対応のフラットとダークの撮影。
と、ここで新たな学び。

前回作ったフラット板、LPS-P2だとヒストグラムが右端に寄り、8sでは完全に露出オーバーするのです。
0.5sでもまだ明るい。
もう1枚画用紙を挟み込んで、若干明るめなものの、何とか8s露出でフラットを撮りました。
ここで学んだ事っていうのは、
CLSがノーマル用というのは、赤透過というより、露出を伸ばすことで赤を撮るってことなんだな、ということを感じたこと。
いつものように、皆さんには当たり前のことなんでしょうが、自分で体験すると、本やネットで読むよりなるほどなぁってなります。
今度改造機にCLSも試してみようか。どうなるんでしょう?

ともあれ、改造機を使った今回、露出が短くても前回同等の画像が得られるかも?
ってことで、ほぼ同等の処理(今回はSI7でのスターエンハンスはカット)をして比較。

まずは今回の、KissX2フィルターレス改造機にLPS-P2装着もの。
160215-001b.jpg
<ε-160 LPS-P2 KissX2改R ISO1600 露出300s×2枚+180s×5枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でフラット・ダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など GIMPで各種補正 PSP7で各露出画像をコンポジット&縮小&トリミング&前回画像にできるだけ? 色合わせ>

2/18公開の、2/6撮影もの。
こちらはKissX2ノーマル機にCLSフィルター。
160206-001.jpg
<ε-160 CLS KissX2 ISO1600 露出500s×9枚 GPD2+SBS+PHDGuiding SI7でフラット・ダーク処理、コンポジット、デジタル現像、ガンマ補正など GIMPで各種補正 PSP7で縮小&トリミング>

今回のは改造機ということで(処理が落ち着かないのもあるけど)、赤っぽさがかなり残ってます。
また、滑らかさやコントラストは、もちろん前回のものの方がよいようです。
でも、1/3の露出という程、淡い部分が出てないって事はないように感じます。

でもまぁ、やっぱり露出面でももう少し条件を揃えないと、適正な比較にはならないでしょうね。
満月も過ぎ、そろそろまた撮影好機に入ってきます。
天気予報とにらめっこしつつ、チャンスを待つとしましょう。

それではまた、まにまに~。
おいでませ
プロフィール

TEL(てる)

Author:TEL(てる)
企画開発課管理人
煩悩のまま、趣味に走る

最近は無線環境でPC管理
平日は夜間に1日1更新目標
中の人の状態によって停滞アリ

2010/01/09 開設

カテゴリ
煩悩の傾向(^^;
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索はこちらから
過去のレビュー作品などの検索用
Amazonのお薦め
積み本もここに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。